ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 知事選挙-高い投票率実現を

トピックス

知事選挙-高い投票率実現を

 月曜日午前に引き続き、水曜日にいちみ候補と1日行動をともにしました。与野党相乗り候補のため、話し合いで日程調整をしており、3区の担当日だったのです。緊急事態宣言中なので、集会は避けることにしました。企業訪問などしながら、桑名寺町商店街の三八市や、湯の山温泉関係者との意見交換会、員弁川の堤防や雑木撤去状況、伊勢大橋架け替え工事の現場などを視察してもらいました。短い時間でしたが、北勢地方の状況はよく認識していただけたと思います。
 駅立ちも、朝8時から桑名駅西口で、夕方は四日市駅北口で候補者に立ってもらいました。それぞれ県会、市会議員の皆さんも参加していただきました。
 気になったのは、盛り上がりが少ないことです。ビラを配っても、取っていただけない人が多いと感じました。私も後援会の幹事さんに電話をかけているのですが、「相乗りだから大丈夫、コロナもあるので投票しなくてもよいのでは」との反応がたびたび返ってきます。
 しかしコロナの感染拡大が続く中での新知事です。病床確保や自宅療養中の方々への対応など、県民の命がかかっています。日々の生活や事業継続に苦しむ人々への対応も待ったなしです。コロナの感染状況がある程度落ち着いた後も多くの課題がある中で、知事の役割は本当に大切で、県民として無関心ではいられないはずです。
 高い投票率がなければ、県民の信任を得たとは言えません。県庁の中でリーダーシップを発揮することも難しくなります。是非投票所に足を運んでいただくよう、お願い申し上げます。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP