ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > オリ・パラ大会開催―菅総理の総理総裁続投と連動

トピックス

オリ・パラ大会開催―菅総理の総理総裁続投と連動

菅総理の最近の発言を見ていると、オリンピック開催の可否についていまさら検討する余地はなく、必ず開催することを前提にしていることが明らかです。


 私は、安心、安全なオリンピック、パラリンピックが開催されることを期待しています。しかし、少なくとも世界中から集まる10万人近い選手や大会関係者から国民に感染が拡大するリスクについては、国の責任でしっかりと対処すべきです。例えば大会関係者のルール違反の行動を誰が、どう抑制していくのか、具体策が説明されないままです。観客を入れた場合に、日本全国から東京周辺に人が集まり、感染拡大のリスクが高まりますが、この点についても判断を先送りにしています。インドやベトナムの変異株のリスクもあります。感染ステージが高い状態での開催となったときの医療や国民生活への影響をどう考えているのかについても答えはありません。大きなリスクを抱えたままの開催になってしまいます。このままでは、とても賛成できません。


 菅総理は、なぜ開催ありきで突進するのでしょうか。低い支持率に苦しむ菅総理にとって、オリンピック中止は政権の存続を更に危うくすると考えているのでしょう。感染拡大のリスクはあっても、オリンピックをやりきることで、支持率を上げ、解散・総選挙に臨みたいということなのでしょうか。オリンピック開催を強行したあと、感染拡大があれば、解散の機会を失ったまま政権は失速することになりますが、そのリスクを覚悟した上で、総理・総裁続投を実現するために、オリンピック開催にかけているのではないかと思っています。しかしそれでは国民の命と健康はどうなるのでしょうか。自分の総理・総裁続投がそれよりも大切だということになりかねません。


 オリンピック閉会は8月8日、パラリンピックは閉会は9月5日です。いまや、大会を何とか成功させ、その高揚感の中で解散総選挙というシナリオが菅さんにとって唯一の残された選択肢。「野党やマスコミの多くが反対したが、私の信念でオリンピックを実現し、成功?させた」ことを訴えての選挙です。パラリンピック閉会後の解散というのが常識的ですが、高揚感や感染拡大の顕在化リスクを考えるとオリンピックが終わった直後の8月10日解散、パラリンピックをやりながらの選挙(投票日は9月5日又は12日)の可能性も大きいと思っています。3ヵ月後には投票日と思って十分備える必要があります。



コメント
  1. むろけん より:

    現代のパンデミック対応で最も重要なのは、国境の封鎖であることは言うまでもありません。菅政権は東京オリンピックを強行開催して、その重要管理点を完全に無防備な状態へと陥らせる危険を冒そうとしています。どうせ内閣支持率は落ち目でもうあまり失うものはなく、一か八かの大逆転を狙っているとしか思えず、犠牲になるかもしれない国民はたまったものじゃないでしょう。

    選手たちの行動管理、観客の有無、関係者の健康管理体制をどうするか等はまだしも、開催すると人流が増えることが問題だなどという無駄な議論が重ねられており、心底空しく感じます。それはオリンピックに固有の課題ではなく、大規模イベントの緩和やGoToトラベルキャンペーンとかと同じ次元の話で、あまり脅威を感じません。

    自分が考えるまだましな開催方法は、出場選手以外の入国を一切許さないことです。監督・コーチ・審判などどうしても入国が必要な人々は、3週間の隔離(それも脱走不可能な独房に閉じ込める)の後に入国してもらうべきです。滞在中に発熱した場合は本国へ強制送還。

    それ以外のメディア関係者・見物客などについては数が多すぎて独房が用意できないと思われるため、基本は入国をお断りします。国を国民を守るということは、そういう事なんだと私は考えています。そこまでは徹底できないのであれば、潔く開催を中止すべきだと思います。

  2. 丸山暢久 より:

    全く同感ですね。それは兎も角、現在都議選の真っ最中ですが立憲民主党の支持率は上がらず下がらずの体で、政権与党の敵失が幾らいくらあっても立民に反映されません。それは一に枝野党首に魅力が無いからです。彼こそが地に足が付かず、右顧左眄みたいな態度でいるから所謂リベラル派が今一つ寄り付こうとしないのです。何故、共産党が支持率を上げているか?それは旗幟鮮明にしているからと考えます。では立民の誰がリーダーとなれば良いのか? 小沢氏は過去の人で勢いが無い上に前面に出ると支障がある。他にいるかと言えば直ぐには浮かばないが、私は1年ほど前から岡田氏が党首になって旗幟鮮明に新たな立憲民主党を立て直さねばリベラルを糾合出来ないと思います。岡田氏は従前から”堅物”とか云われるが少なくも主張と行動は支持されるでしょう。安倍前首相との国会討論でも「この様な人物と議論できない」と言ったのは全くその通りで、嘘つき専門と国会論議が嚙み合うはずがない。立民の中には出たり入ったりしている”幹部(患部)?”らしき人物も居るが、こういうのを拒否する力も必要。岡田氏に期待する。そして若手を早く育てる事。ダメな人物を最高顧問にする必要はない。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP