ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 香港─自由を求める人々の思いを大切に

トピックス

香港─自由を求める人々の思いを大切に

香港の混乱が続いています。直接的には、中国本土への容疑者引き渡しを可能とする逃亡犯条例改正をめぐっての反対運動でしたが、いまや幅広い抗議運動へと拡大し、一部は過激化しています。

1997年の英国からの香港返還は、1984年の中英共同声明に基づくもので、一国二制度のもと、香港に高度な自治を認めるものでした。

しかし、その後、中国政府の関与圧力は強まり、香港の人々の不安は増しています。背景にあるのは、中国の経済発展に伴う力関係の変化、そして、期待された中国の民主化が進まないことなどがあります。

英国統治下にあった時代を含めて香港に定着した民主主義的価値観、これを守ろうとする香港の人々の強い気持ちに寄り添いたいと思います。中国政府は内政問題だと強調しますが、目の前で人権が侵害されるようなことは黙認できません。

民主主義を含めた様々なインフラがあることで、香港はシンガポールと並ぶ国際金融センターや外国資本の投資先になっています。これは、上海や深圳には代替できないことです。中国の関与が大きくなれば、資本は逃避し、これらの機能が失われてしまうことになります。中国政府もそのことは十分に理解しているはずです。

香港の人々、特に若者の持つ香港の将来についての強い危機感は、世界に十分伝わったと思います。根本的な問題の解決は現時点では見通せず、急ぎすぎることは決して良い結果を生まないと思います。ここは、双方がこれ以上の過激化を防ぎ、自制すべきときです。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP