ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 憲法9条改定─参議院選挙最大の争点か

トピックス

憲法9条改定─参議院選挙最大の争点か

野党の選挙準備が遅れるなか、安倍総理は強気です。改憲勢力で3分の2を確保できれば、国民の賛成を得たとして、憲法9条の改定に突き進むことは確実です。

憲法に自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打つだけだと安倍総理は説明しますが、これは国民を欺くものです。自民党の憲法改定草案では、自衛権の行使の範囲を無限定に広げ、武力行使することが可能になる余地があるからです。

選挙の結果次第で、憲法の根本理念である平和主義が大きく変えられようとしています。米軍と共に世界中どこでも武力行使する国になるのか、それとも侵略を受けたときのみ自衛権を行使する国であり続けるのか、日本にとって重大な岐路です。このことに、もっと強い関心と危機感を持つ必要があると思います。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP