ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 予算委員会(2)─ライバル政党を全否定する発言は許せない

トピックス

予算委員会(2)─ライバル政党を全否定する発言は許せない

安倍総理の自民党大会における「あの悪夢のような民主党政権の誕生」という発言について、予算委員会で取り上げました。メディアの報道も表面的なものが多いと感じるので、改めて私の思いを述べたいと思います。

私は、自民党政権の政策や政治姿勢を厳しく批判してきました。しかし、お互い競い合うライバルとして、常に自民党に対する敬意を忘れないよう心がけてきたつもりです。相手を全否定することは、健全な政党政治、民主主義にとってマイナスであると考えるからです。

安倍総理のあの発言には、民主党に対する敬意は全くなく、単にこき下ろしているだけです。発言時の表情は、おごりに満ちた異様なものに見えました。私は、リーダーとして安倍さんにもっと謙虚になってもらいたいのです。

民主党政権時、十分でないことも多く、国民の皆さんから合格点をいただけなかったことは事実です。具体的な批判は結構ですが、ライバル政党の存在そのものを否定するような言い方は、政党政治を破壊することになりかねません。

私が取り上げた具体例が原発事故です。民主党政権時代の最大の出来事であり、いまなお生活を破壊され苦しんでいる多くの方々がいます。もっとうまく対応できなかったのか、私自身いまも強い反省があります。

しかし、「事故の根源的理由は、平成23年3月11日以前に求められる」(国会事故調報告書)以上、自民党政権を担った安倍さんには、同じ思いを共有してもらいたいのです。その反省が少しでもあれば、民主党政権を全否定するのではなく、責任を共有する気持ちになるはずです。

安倍さんの自民党大会での発言時、最初ほとんど拍手がありませんでした。会場の自民党員の皆さんにも、戸惑いや違和感があったのではないでしょうか。

民主主義そして政党政治は、相手を全否定しては成り立たない──。これが、予算委員会質疑の中で私が繰り返し述べたメッセージです。安倍さんには、一国のリーダーとして、もっと謙虚になってもらいたいと心から願い、私は、予算委員会の質疑でこの問題を取り上げました。

しかし、安倍さんの答弁は、私が期待したものには程遠いもので、本当に残念でした。やはり選挙で結果を出すしか、安倍さんのおごりは改められないのでしょうか。

最近読んだ本に、我が意を得たりと感じました。
「民主主義を機能させるために必要不可欠なのは寛容と自制心だ」
(『民主主義の死に方』第5章 民主主義のガードレール)
https://www.shinchosha.co.jp/book/507061/



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP