ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 新会派─立憲民主党とともに国会活動

トピックス

新会派─立憲民主党とともに国会活動

通常国会から、私が代表を務める衆議院会派「無所属の会」所属の国会議員の大半(13人中9人)が、立憲民主党と会派を同じくすることになりました。具体的には、国会の運営や法案の賛否、その前提となる政策決定について、立憲民主党と一体となって活動することになります。

私はこれまで、野党間の協力関係を深め、大きなかたまりをつくることを目指してきました。安倍政治の暴走を止め、近い将来、政権交代可能な政治を実現するためには、それしかないと考えているからです。

しかし、この1年、立憲民主党と国民民主党の歩み寄りは少なく、国会で対立する場面も見られました。参議院選挙に向けての野党統一候補の擁立も遅れています。

現状を打開するためにどうすべきかを熟考した結果、野党第一党である立憲民主党との連携を深めることで、同党を軸とした野党結集を前に進めることを決断したものです。我々が会派合流することで、立憲民主党をより強くするとともに、良い意味での変化を立憲民主党に起こすこともあると思っています。

ただし、国会以外の活動は、基本的にいままでと変わることはありません。無所属の議員であるという立場も同じです。選挙にあたっては、従来どおり、どの党に所属するかにかかわらず、人物本位で応援するつもりです。立憲民主党を軸にという考えに立ちつつも、国民民主党には良い人材が多く、彼らを生かした野党のかたまりを目指すという私の思いは、いままでと同じです。

今年は安倍政治の暴走に歯止めをかけ、政権交代可能な政治を実現する重要な一歩となる年です。通常国会が重要です。大きな会派の中で、しっかりと活動していきます。

三重県においては、党派を超えたかたまりとして、「三重民主連合」が結成されています。統一地方選挙や参議院選挙を三重民主連合で戦い、必ず結果を出していく決意です。



コメント
  1. ぽん桔 より:

    岡田先生の立憲民主党会派入りのご決断、とても嬉しくまた頼もしく思います。本当にありがとうございます。

  2. 真野 覺 より:

    小生石油会社のOBですが先生のMITI石油課時代からホローさせて頂いております。かって民主党重鎮として一度は政権を担われた矜持を忘れないで活躍して欲しいと切に念願しています。
    かなり以前ですが期待こめて投稿したものです。    http://76165669.at.webry.info/

  3. 林直哉 より:

    現時点では立民と会派を組むことが最善かもしれませんね。

  4. 大西康昭(北じい) より:

    岡田代表の決断に敬意を表します。一強政治打破・安倍退陣に向けて一層の活躍を期待します。岡田さん、枝野さんが中心となって野党の大きな塊が出来ることを望みます。全県にこの流れを広めてください。(北海道 北じい 84歳)

  5. ari より:

    応援しています。立憲民主党を中心に野党がまとまること、衆議院会派「無所属の会」が立憲民主党と会派を同じくすることで立憲わが力をつけていくこと、国民民主党とも力を合わせられるようになることを願っています。テレビで国民民主党は自分たちはここが違う、とその違いを話す場面をよく見る気がします。党の宣伝のためにはやむを得ないのかもしれませんが、だからどうするのかと問いたいです。ぜひ野党が力を合わせて、今の政治状況を改善してください。何をやっても平気の政権は、私たちの国をどのようにしてしまうのでしょうか。

  6. 三重県民 より:

    岡田先生にしては随分と大雑把な仕事でしたね。”大半”ではなく”多く”がでしょう。こういうのは小沢先生なら難しい方を先にやる。簡単な方が先だと難しい方が余計難しくなるとおもいます。ブログで書いて終わりでは安倍政権の一刻も早い退陣を切望する一有権者に対する説明責任が充分でないと感じます。このような国民不在の行動は支持しかねます。

  7. 福田浩成 より:

    枝野さん、近藤さんのお二人ともお話しした事がありますが、良い考えを持っている方々だと思いますが、グローバルな視点での政権運営が行われる方々だととは思えません!岡田議員には総理になって頂きたく昔から思っていました。後継者を育てて行くに辺り、一般国民は先ずはイメージだと思います。顔晴って下さいませ。

  8. tocchin-san より:

    何故野田元総理ら残り4名の方が逡巡されているかがわかりません。国民民主党は、第2自民党であり、与党に利用されるだけの集団ですから一日も早く消えて貰う必要があります。橋渡し役などきれいごとを考えている時ではありません。

  9. マイケル より:

    京都のマイケルです。
    今回の岡田かつやさんの決断を高く評価する者です。
    本来は野党がまとまって自民に対抗すべきと考えておりますが誠に残念ながらその逆の結果に
    なっております。
    然しながら主義主張が大きなところで一致していないとまた分裂という結果が見えています。
    自民が強いのは分裂しないからでもあります。
    これからも岡田さんのご活躍をお祈り致します。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP