ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 地元活動の日々─現場を歩き、有権者の皆さんの声に耳を傾ける

トピックス

地元活動の日々─現場を歩き、有権者の皆さんの声に耳を傾ける

厳しかった夏も終わり、ようやく秋らしい日々を実感するようになりました。7月22日に通常国会が終了したあと、約3カ月が経過したことになります。

この間、私としては、久しぶりに地元活動に重点を置き、現場を歩き、有権者の皆さんの耳を傾けるとともに、来年の参議院選挙に向けた活動を進める、とても充実した時間を過ごすことができました。

次期参議院選挙に出馬表明している「よしの正英」さんや県議の皆さんとの地域限定の街頭演説会(青空座談会)や公民館などを利用した座談会は、9月からスタートして50回と軌道に乗ってきました。来年5月までに150回が目標です。約200社の企業訪問、朝の駅立ち、久しぶりのローラー(戸別訪問)など、有権者の皆さんと接するなかで、いまの政治に対する様々なご意見をいただきました。日本の将来に対する心配、安倍政治に対する批判、そして、野党がまとまるべきだという声には、特に肝に銘じなければならないと感じました。

いよいよ国会が始まります。頭を切り替えて、予算委員会での質疑などしっかり対応していきたいと思います。



コメント
  1. 林直哉 より:

    岡田さん頑張って
    もう一度政治の表舞台で活躍してください。

  2. 市原恵子 より:

    私も野党共闘を望むものですが、立憲民主党と国民民主党が共産党との連立を考えていないと言ったり、取り消したりしていて何か危なっかしく見えます。
    岡田さんが党首の時はがっちり野党が固まり、共闘が成功したように思えます。
    きっとご苦労されたことと思いますが、国民としてお礼を申し上げたいと思います。
    益々のご活躍をお祈りいたします。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP