ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 新潟県知事選―大切な教訓を残した

トピックス

新潟県知事選―大切な教訓を残した

新潟県知事選挙が終わりました。当初の予想どおり、接戦になりましたが、「無所属の会」も含めて野党各党が推薦した池田ちかこ候補が、3万7千票差で敗れてしまいました。大変残念なことだと思っています。私自身も、期間中に3回新潟入りしましたが、いろいろ課題も感じさせられる選挙でした。

まず、今回の選挙、与党の自民党・公明党は総力戦で臨みました。幹部が候補者の横に立つということはあえて控えつつ、私が承知している限り、かなり強力に関係先を回り、支援のお願いをしました。投票日に菅官房長官が新潟入りしたということも、与党が、それだけ危機感を持っていたことの表れだと思います。

そういう中で、知名度に劣る池田ちかこさんが、50万以上の皆さんから支持されたということは、今の安倍政権に対する批判、原発再稼働に対する懸念に加えて、候補者、関係者の皆さんの頑張りがあってのことだと敬意を表したいと思います。

その上で、選対本部が1つにまとまることができず、それぞれ別々に動いていたこと、選対をしっかりと仕切る政党がない中で、各党バラバラに活動する場面が多かったことなど、今後、反省すべき点は数多くあると思います。

逆に言うと、野党がしっかりとまとまることができれば、現在の安倍政権であれば、大きなチャンスがあるということを示した選挙でもありました。

来年の参議院議員選挙も、少なくとも1人区において、候補者を一本化して、力を合わせて戦う、そういう中で、与野党逆転を参議院において実現する。その具体的可能性を感じさせる選挙でした。



コメント
  1. 岩永正人 より:

    反省がないな!野党議員が面に出てきたから負けたんです。自民の戦略はいつもの通り。

  2. 髙谷康之 より:

    なぜ、野党は一つになれないのでしょうか。①理念の違い②過去のしがらみ③権力闘争
    くだらない意地を張らないで日本のために政治をしてほしいです。

  3. textehu より:

    今は多様化した有権者
    過半数の支持を受けない限り選挙には勝てず政権は取れない
    と思います

    経営者
    農商自衛業者の方
    労働組合
    若者を含む右翼左翼の市民の方
    等の有権者を
    対象とする
    事業本部制を敷いて幅広く戦わないといけないと思う
    そのために選対本部が1つにまとまり
    作戦指揮命令系統をしっかりまとめて
    動揺しないことが絶対必要!!
    風林火山で頑張れ!!

  4. RYO より:

    新潟知事選は自公の勝利に終わった。まさにあの沖縄での勝利の方程式をそのまま踏襲した結果の勝利であった。争点外しと中央との太いパイプの強調がかれらの方程式である。まさに自民党は百戦錬磨の選挙巧者である。五泉市議の安中聡氏の出馬がなかったら野党連合が勝てたのかどうかは、彼の得票数5万票の中身が分からないので、何とも言えない。連合も一部が自民支持にまわり、野党連合は盤石ではなかった。

    今回の知事選を安倍政権の評価を問う選挙と野党連合は意気込んだ。だが、安倍政権の実に内容のない、お寒い国内向けの外交パフォーマンスは効を奏し、森友・加計批判はここ数日ではどこかに吹っ飛んでしまった。翼賛体制下で虚偽の戦果を連日書きたてる従軍記者のごとき今の御用メディアはあたかも安倍首相を国際政治を動かしているキーパソンかのように仕立ててしまった。首相が国際社会から蚊帳の外に置かれているという国民の印象を、官邸はメディアを使い見事に跳ね返した。野党連合はつくられたメディアによる安倍外交の評価に敗北を喫してしまった。

    安倍批判の野党連合は実態はバラバラだ。腰の据わった共闘でないことは明々白々である。財界の別動隊、連合をスポンサーにしていた旧民主党がなぜ人気がなかったのか、かれらは反省するどころか国民民主党と名を変え性懲りもなくまたも自民党の補完政党になろうとしている。これでは救われないのは多くの国民である。共産党傘下の労組も同じ仲間の非正規労働者には極めて冷淡だ。これでは大手労組を抱える連合とまったく変りがない。共産党の党勢拡大至上主義は相変わらずだ。手段が目的化しているが、人心操作の手法はこれまた自民と変わるところがない。ただし大衆蔑視の前衛政党による上から目線の人心操作に対し、自民党の方がはるかに大衆を悪い意味でよく知っている。

    心に響く野党がいないなら、もう考えるのは面倒だから、問題も相当あるけど自民党にというのがが人々の本音だ。安倍批判の野党は課題が山積だ。だが何より国民の味方であると信頼されるためには、安倍批判の個々の政治家(政党でなく)が月並みだが政治に期待を失った人々の心に耳を澄ますことだ。聞き取ることだ。地域の中にもっともっと入ることだ。異なる意見にももっと耳を傾けることだ。原発再稼働を支持する人達にも心の内に矛盾がないわけではない。共感を得るには、汗をかいてもっと人を知ることだ。そこから政策が生まれなければならない。これは国民民主党では不可能だ。地道な姿を見せることではなく、国民の気をひく見せかけのパフォーマンス競争に走れば敵失によるタナボタもあるかしれないなどと淡い期待をもつべきではない。国民は森友・加計の国会審議で、見せかけのパフォーマンスとそうでないのとしっかりと見極めている。見せかけに走れば、結果的に期待の裏返しで政治的アパッシーを増大・増幅させ、それが逆に政治への諦めとなり強い力を求めるファシズムの温床をつくることにもなる。

  5. ミッキーマウス より:

    自民党が昔から支配している、地元の小集団にクサビを入れて、食い込んでいく地道な作業が必要です。

  6. さんぴん茶 より:

    名護市長選では、岡田さんが指摘されたことの他、安倍政権を支持する、しないの問題を持ち込んでしまったこと、対立候補やその支持者を過度に攻撃したこと、県外の尖鋭的な支持者たちが前面に出過ぎたこと、なども敗因にあげられています。新潟はどうだったのでしょうか。
    いずれにしても、各政党間の緊密な連携、指揮系統を明確にすること、さらに候補者と地元の人たちが主役であり、県外からの応援団や政党幹部等はあくまでサポート役に徹した方が良い、といったことは言えるでしょう。
    収穫も課題も今後のために生かしてください。

  7. aianG より:

    本当に来年にこの反省を生かしてください。

  8. 上総ノ介 より:

     野党の中に自民党に同調する不届きな偽野党が常に野党が力を合わせて与野党逆転を目標の闘いに水を差す破壊活動をして、自民党を利するものです地方選挙、国政選挙のたびに無力感を感じますね。
     自公政権を終わらせる為に強力な野党共闘の実現を希望するところです、偽物の野党はこの際外して候補者の一本化を願うものです。 特に維新は不必要です。

  9. 旧姓かとちゃん より:

    岡田さんが言われる通りだと思います。もりかけ問題は全て安部首相が起こしたものであることはいまや国民全員がそう思っているのに、国会議員の数が与党である自民党、公明党と賛成票をいつも投じる維新の党が2/3以上を占めるため、未だに退陣しないのです。これを打ち破るためには何としても野党5党が結束して常に大きな選挙には対峙しなければとてもかないません。何とかしてほしいです。

  10. ヨッシー より:

    野党はあれだけお党首を送り込み負けた。
    地方選挙を国政選挙のように扱うな。

  11. Tad より:

    いつまで、野党が一緒になることが大事なことだ。と昔小沢さんが繰り返し言われたことを言われるのでしょうか。
    実行を国民に視えるようにしていたたきたし。

  12. のーの より:

    是非!是非とも、次回の選挙では野党連合がガッチリスクラムを組んで、安倍政権を倒してほしいと切望します。選挙民の一票は、一票の力しか発揮できませんので、議員の皆さんが優先順位を徹底して先頭に立って頂きたいと懇願致します。主義主張は大切ですが、安倍政権の強さを分析して徹底的に追い詰める戦略を立てて、政権を自民党だけに独占させる事だけはもうやめて欲しいです。我慢にも限界があり、どうにもならないジレンマに歯がゆさを感じています。

  13. 時化田若僧 より:

    複数の党派があるということは、夫々が異なる考えをもっている点では結構なことだが、Yes or No ,A or B などいずれかを選ばなければならないときには、ひとつに纏まって相対することが必要であろうことは、貴兄も重々ご承知のはず。
    豊富な知識や経験をお持ちなのですから、特に若い議員を更に指導してください。
    アホノミクスに対してさえ論究できない(能力の)未発達の若年議員が多いのですから・・・

  14. 西島 より:

    新潟知事選挙は、阿部批判と原発阻止で勝利すると期待していたのに誠に残念でした。正直のところ、政治への関心が失せかけています。阿部3選にでもなったら、新聞を読むのもストレスの原因になると思うと考えさせられます。

  15. 安藤操(小西ひろゆき後援会) より:

    野党がまとまるには、貴殿や野田・鳩山・藤井・小沢・片山氏などが、提携することです。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP