ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 日中関係─新たな展開を期待

トピックス

日中関係─新たな展開を期待

超党派の日中友好議員連盟(林芳正会長)で5月3日、4日と中国を訪問しました。私は議連副会長を務めています。

短い日程でしたが、ここ数年の厳しい日中関係とは様変わりで、中国側の変化に驚かされました。日中関係を改善しようとの熱意が伝わってきました。特に、栗戦書(りつ・せんしょ)全人代常務委員長との会見は、当初予定を大幅に超える2時間近いものとなり、かつ、内容も充実したものでした。

栗氏は、現在、李克強首相に次ぐナンバー3ですが、習近平国家主席とは30代前半の地方幹部(河北省の県書記)時代からの交流があり、いわば盟友であり、同志と言っていい存在です。最近まで、習主席のもとで中央書記処書記を務め、おそらく習主席の信頼が最も厚い人物でしょう。今まであまり日本となじみがないとの印象でしたが、地方幹部(西安市書記、黒竜江省省長、貴州省書記)時代に何度も訪日し、日本で初めてカラオケを歌ったことなどの思い出話も語ってくれました。

私の北朝鮮の非核化についての質問に対して、20分ほどの時間を割いて、中国の考え方を説明してくれました。習近平主席がフロリダ州パームビーチで、トランプ大統領と会談した際のエピソードなども交えての説得力のある話でした。栗氏は重要な首脳会談には書記として同席をしてきたのでしょう。日本には同盟国として、米国の説得を期待しているとの趣旨の発言がありました。内政のみならず、外交についても深い見識を感じさせました。

これからの日中関係にとって、栗氏はキーパーソンとなりそうな気がします。



コメント
  1. 林 直哉 より:

    日中は友好にこれからも尽力をつくしてください。

  2. 井上三朗 より:

    中国の思惑は別にして、アジア諸国が手を携えて平和について話会いましょうということでしょ。今の日本のやり方、特に河野大臣の発言には納得してないのではないでしょうか。

  3. 天野暢保 より:

    注目すべきご報告と感心しました。
    大韓民国の大統領・北朝鮮の金委員長の対談にも(警戒一本ではなく)エールを送ってもらいたいと私は思います。
    樹種外交への移行は岡田さんや立憲民主党でこそできます。
    トランプにまでも尻尾を振ってついて行くだらしのない自民党とは違う、輝く外交を進めてください。
    天野暢保81歳

  4. ブンちゃん より:

    外交は党派を超えて国益追及のため必要です。地政学からもまた歴史的にも中国とは困難を乗り越え辛抱強く良好な関係を構築することが大事だと思います。議員レベルでもできることはたくさんあると思います。個人個人の信頼関係を築くことも大事で、複線での外交努力は大切と思います。今後もご活躍されることを祈念いたします

  5. さんぴん茶 より:

    中国との関係改善を期待します。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP