ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 平昌オリンピック─北朝鮮の核問題を横に置いた南北融和はあり得ない

トピックス

平昌オリンピック─北朝鮮の核問題を横に置いた南北融和はあり得ない

ピョンチャン・オリンピックも、高木選手や高梨選手、原選手がメダルを取るなど、佳境に入ってきました。これからも日本勢が活躍してくれることを期待しています。

私も開会式に出席しました。超党派の日韓議員連盟のメンバーとして、額賀日韓議連会長や竹下亘さんなど自民党の議員や、共産党の志位委員長まで、12人の国会議員が参加しました。

開会式は盛り上がったのですが、最大の課題は寒さ対策でした。日本での準備中に、マイナス20度に耐えられる服装をと指摘されて、私も慌てて、スポーツ店に防寒具を買いに走りました。

結果的には、マイナス3度程度ということで、寒さはそれほど感じることはなかったのですが、しかし、開会の1時間前から着席して、4時間近く吹きさらしの中で座っているというのは、かなりの苦痛でした。選手の皆さんも、体調に影響が出ることがなかったのか、少し心配になりました。

今回のオリンピックそのものは、南北融和ということで、政治色の強いものになりました。北朝鮮は、このオリンピックを徹底的に政治利用していると言われても仕方がないと思います。

南北が融和することは重要ですが、しかし、現時点で最も重要なことは、北朝鮮に核開発を諦めさせることで、そのことを横に置いた融和というのは、あり得ないということは、しっかりと理解されなければならないと思います。

韓国の中にも、今回の北朝鮮のオリンピックにおける南北交流について、様々な意見があるようですが、民族感情に訴えて、北朝鮮に対する厳しい対応を和らげるということになると、北朝鮮の思う壺ということになるのだと思います。

日本に帰ってきて、月曜日の午前中、30人ほどの後援会幹部の自宅を訪問しました。かなり気温は低下していたのですが、ピョンチャンを経験した私にとっては、日本の寒さというのは、ほとんど感じることはありませんでした。

同時に、普段なら、休日の午前中というのは、 2~3割の人は不在であることが通常ですが、多くの方が家におられました。オリンピックの番組を観戦していらっしゃいました。思わぬところで、オリンピックの効用があったということを感じました。

スタジアム前にて



日韓議員連盟の皆さんと



日本選手団入場





コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP