ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 都議選─健全な議会をつくるため、民進党こそ頑張らなければならない

トピックス

都議選─健全な議会をつくるため、民進党こそ頑張らなければならない

都議会議員選挙が、いよいよ最終局面に入ってきました。

私も、告示後、民進党公認候補の応援に入っています。東京は、人を集めて集会をするというよりも、やはり重要なのは、朝夕の駅立ち。あるいは駅での街頭演説です。私も候補者とともに、朝7時前から駅に立ったり、夕方、街頭演説を駅周辺で行ったりしています。

民進党は非常に厳しい状況ですが、離党者が相次ぐなかで、民進党に残って、その公認で戦っている人たちが、是非とも1人でも多く当選してもらいたいと強く思っています。

現職で、都議会における質疑など、しっかりとした実績のある候補者も、逆風の中で苦しんでいます。小池知事の高い人気の中で、都民ファーストが勢いを増しています。

小池知事のやってこられたことは、評価すべき点も多いのですが、他方で疑問も残ります。選挙直前に、豊洲に移転することと築地を将来活用することを提案されました。1つの見識だとは思いますが、豊洲の安心・安全はどこまで担保されたのか。何より、市場の機能を豊洲と築地に分けることが、本当に実現可能なのか。そして、築地を売却することで得られるはずだった4386億円の予算は、この案では得られないことになりますが、都民の負担が増すことはないのか。そういったことについて、ほとんど検証することができないタイミングで、知事の提案がなされたことに首をかしげています。

いずれにしても、これから議会の中で議論していかなければなりません。自民党ボス支配の議会を刷新する必要があることは当然ですが、同時に、知事に賛同するだけの議会であっては意味がありません。いいことはいい、そして、疑問があればしっかり正していく、そういう健全な議会をつくり上げていくことが重要で、民進党こそ頑張らなければならないと改めて感じています。

蓮舫代表、野田幹事長をはじめ、執行部は走り回って候補者の応援をしています。党一丸となって、1人でも多く当選できるように頑張りたいと思っています。







コメント
  1. より:

    都議選お疲れさまでした。民進党は踏みとどまったとはいえ、厳しい結果でしたね。
    タラレバ論ですが、昨年夏に蓮舫さんが都知事に立候補してれば、民進党が比較第一党、共産と合わせれば過半数なんて結果が出て、次回総選挙で政権交代が一気に現実味を帯びてくる状況になったかもしれませんね。意味のない話ではありますが…。
    いずれにしろ、実態としては自民党自体の総得票数が減少する中での「安倍一強神話」が崩れたのは事実です。
    実際、民進党は、前回参院選で共産との選挙区調整が功を奏し、予想獲得議席数の目一杯取りましたし、次回総選挙では、このまま敵失がなくても議席数の上では息を吹き返すでしょう。
    ただ、世界各地を回って、強権的政治の有効さとトランプ流衆愚政治の威力のみ学んだ、学習能力の高いのか低いのか分からない首相は、教育無償化(高校無償化とは桁違い)、大規模補正予算、新たな経済キャッチフレーズなど、ポピュリズム剥き出しに走る可能性が高いです。特に、教育無償化では教育国債との玉木議員の案を丸のみしてくるのではと懸念してます。憲法改正も、次回総選挙で3分の2が維持できないと分かったいま、猪突猛進で進める可能性もあります。
    「健全」野党として、ガンガンに政権を攻撃し、緩み切った危険な体制を崩壊させ、岡田先生に再入閣していただくことを引き続き期待します。

  2. taka より:

    岡田さま
    わたしは、岡田さまのことはよく存じ上げませんが、誠実で真面目といったイメージです。
    今、民進党は、たいへん影がうすくなってしまい、非常に残念です。
    今の政治には、民意などは一切反映されず、国民主権、三権分立はどこへ?
    といったふうにおもいます。
    なんとか、政治を国民にもどしてもらいたい。
    右偏りの政治団体に所属されている人たちに占拠されているように見えます。

    岡田さん頑張ってください。
    日本を、国民を守ってください‼

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP