ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 宮城訪問②─震災から6年、団結して苦しみを乗り越えた2つの離島

トピックス

宮城訪問②─震災から6年、団結して苦しみを乗り越えた2つの離島

週末に蓮舫代表と訪れた宮城ですが、今日は島の話をしたいと思います。

震災があったすぐあとの2011年6月4日に、宮城県塩釜市の桂島と野々島を訪れました。今回、6年ぶりに両島を訪れました。船で20分ほど行くと桂島が見えてきます。被災2か月後に訪れたときには、全く見るも無残で、港は破壊され、家々も港近くにあるものは壊れていた状態でした。

与党幹事長として、いろいろな陳情もいただいたのですが、今回行って、港の改修など復興が進んでいることを見たことは嬉しかったです。

特に、野々島へ行きますと、島の皆さんが総出で、牡蠣を焼いていただきました。焼き牡蠣や牡蠣フライをごちそうになりました。

与党幹事長が、市長とともに島中をくまなく歩いたということを皆さんよく覚えていていただいて、歓迎をしていただきました。港を出発するときには、6年前と同じように、ずっと見えなくなるまで、島の皆さんに手を振って送っていただきました。

この6年、いろいろなことがあったと思いますが島の皆さんが、団結して、その苦しみを乗り越えられたことに感動しました。

DSC00460
20170305 092534
20170305 095035



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP