ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 代表質問─目立つ安倍総理の挑発、まず野党の揚げ足取りを改めよ

トピックス

代表質問─目立つ安倍総理の挑発、まず野党の揚げ足取りを改めよ

いよいよ国会が始まりました。先週金曜日(20日)の総理の施政方針演説に引き続き、昨日(23日)は衆議院で各党の代表質問が行われました。

民進党からは、野田幹事長と大串政調会長が質問をしました。非常に骨太な質問だったので、衆議院のホームページなどで是非聞いていただきたいと思います。

さて、昨日目立ったのは、総理の非常に挑発的な答弁です。天皇陛下の生前退位の問題についても、「それを政争の具にしてはならない」と総理は叫ぶのですが、もちろん我々は、静かに議論するということを申し上げているわけです。しかもその議論をする場は、立法府たる国会が中心で、議長を中心にして、各党が静かに議論するというのが我々の主張です。

決して、行政府が主導して物事を決めるのではなく、国会が中心になって議論して、その結果を政府としてはそれを受け入れるべきだと。これは今日質問に立った自民党の二階幹事長が言われたことでもあります。

しかし、総理の口から聞こえてくるのは、「政争の具にしてはならない」という叫びです。政争の具にしないために努力すべきは、まず内閣総理大臣であるはずです。国会に対して謙虚に議論をお願いし、その結論を極力受け入れるということを総理は国会で言うべきで、「政争の具にしてはならない」と叫ぶのが総理のなすべきことだとは思えません。

もう1つ、民主党の時代には保育士の給料が下がっていたが安倍政権になって10%上げたということを、今日も勝ち誇ったように言っておられました。

しかし、安倍総理が保育士の給与を上げることができたのは、民主党が政権時代の社会保障と税の一体改革法で、保育士に対する給与を上げるということを決め、その財源としての消費税増税ということを決めた。そのことがあって、初めて可能になったわけです。

法律が通ったのは民主党時代。もちろん自民党にも説得して、賛成してもらいました。その法律が実施されたのが、消費税を実際に上げたあとですから、最近になったということで、別に安倍総理がすべて自分でやったわけではありません。それが分かっていながら、民主党時代には下がった、自分の時代には上がったと勝ち誇ったように言うのは、一国の総理としていかがなものかと感じました。

きちんと議論する国会を実現したいのであれば、まず、総理自身が野党の揚げ足を取るような発言を改める、そこからスタートするべきではないか。改めてそう感じた次第です。



コメント
  1. 楠本 雄二 より:

    阿部さんが民主党の時より良いといつも言われますが聞き飽きました。
    総理の言うことではありません。
    民進党が再び政権を取ってほしいです。そして何よりも中国と仲良くすることです。世論調査では阿部さんの人気
    は高いようですが、ネットではわずか10%です。民進党も共産党と共闘すべきです。米山知事が昨年当選しました。
    次期衆議院選で民進党が躍進するよう祈るばかりです。

  2. 国会中継大好ジジイ より:

    昨日も今日も代表質問を見ていましたが
    安倍晋三総理の自画自賛、民進党への批判を見ていつもイライラしています。
    民進党は自民党より優秀な人材が多いと思います。予算委員会でも頑張っていただきたい。アベノミックスが失敗であると総理がタジタジになるように論破していただきたい。支持率向上するよう応援しています。

  3. ていぞう より:

    民進党は国民の支持できるしっかりとした政策を訴えるべきです。小池東京都知事が支持されたように国民ファストの
    国民のための政策を訴えるべきです。米・中・韓・北朝鮮・EU・アジア・アフリカ諸国等の外交政策・社会保障問題・
    原発エネルギー問題・少子高齢化問題・雇用(非社員・働き方)等国民の目線でしっかりとした政策を発表すべきです。

  4. 西島 より:

    安部首相の挑発的、民主党のあげ足取り、詭弁、傲慢な姿勢には、一国の首相としての品性をも疑わせます。自民党には、これに代わる政治家がいないのでしょうか。政権の交代を願うばかりです。

  5. Yuki より:

    安倍さんに問題はあっても、それでも、民主党の時代には戻りたくないです。 あの時ほど、祖国が情けなく思えたときはなかった。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP