ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 代表選不出馬─やるべきことはやった、一区切りつけて次は新しい人に

トピックス

代表選不出馬─やるべきことはやった、一区切りつけて次は新しい人に

先日、次期民進党代表選挙に私自身は出馬しないことを明らかにしました。

今回のことは、7月10日に参議院選挙が終わってから、心静かに考えた結果の決断です。この1年半ほど、代表として全力投球してきました。全身全霊でやってきて、維新の党との合流、参議院選挙における野党共闘体制の構築、やがて行われる衆議院選挙に向かっての候補者の擁立。

そして、今回の参議院選挙で、6年前の議席よりは減らしたとはいえ、3年前と比べると17議席から32議席へと、倍近く議席を増やしたことなど、私としては、やるべきことはやり尽くしたという達成感があります。

もちろん、だからこそ引き続き代表をという選択も考えられましたが、ここで一区切りつけて、新しい人にやってもらうことが、日本の政治にとっても、そして、我が党にとっても必要なのではないかと考えました。

支持していただいた皆さんからは、「どうしてか?」というお声もいただきました。「残念です」と言われた方もいます。

大事なことは、自分自身の都合ではなく、あくまで日本の政治、そして、民進党の将来にとって何が望ましいかという観点からの判断だと思います。「岡田らしい」と言っていただいた方もいます。私も、もともと何が何でもしがみつくという考え方の政治家ではありません。ここで一区切りつけるべきだという判断をしました。

もちろん、私の代表任期は、代表選挙が行われる9月の半ばまで、まだ随分残されています。この間、多くの課題があります。

次の執行部は、選挙で新代表が選出されたあと、すぐに重要な国会が始まります。TPPへの対応、経済対策など、しっかり準備する必要があります。

そして10月には、少なくとも2つの選挙区での衆議院の補欠選挙が予定されています。その準備も今から進めていかなければなりません。そういった問題に、しっかりとこの9月の代表選挙まで間に、代表として汗を流し、次の執行部に引き継いでいきたいと思います。

三重県の皆さんには、「三重県で勝てないようでは代表選挙に出ない」と言ってきました。その意味はもちろん、三重県で勝つことは必要条件であって、十分条件ではないという意味であることは、皆さんもご理解いただいていると思います。

お陰様で、三重県の参議院選挙では、芝博一さんに勝たせていただきました。そういう意味では、必要条件は満たしました。本当にありがとうございました。

その上で、私自身の判断として、やはり次期代表選挙には出ない方がよいという決断をさせていただいたということをご理解いただきたいと思います。

政権交代可能な政治実現のため、これからも大局的な見地から、しっかりと頑張っていきたいと思います。



コメント
  1. エノヨシ より:

    私は北海道5区補欠選挙で4月の初めに岡田さんが地元の漁港に街頭演説に来てくれてその時から政治と言うものに興味を持ちました。
    それまでは自分の一票で世の中なんて変わらないと思っていて選挙には行きますが深く考えずに投票してました。
    自分の住む田舎に岡田さんが来るって聞いてなんとなく見に行ったのがきっかけで池田まきさんを応援し、選挙に参加する楽しみを知りまた悔しさも知りました。
    参院選では鉢呂吉雄さんを応援し嬉しさも知りました。

    私の選挙や政治に積極的に参加する楽しさを教えてくださってありがとうございました。
    そして代表お疲れ様でした。

  2. 平 清鳴 より:

    おはようございます。

    千葉県民のフリーター、26歳です。

    代表選に出られないと言うことで、とてもショックを受けてます。

    民進党の代表を退く=野党共闘の分裂を招く。という風に捉えています。

    岡田さんが次の総理大臣になるまで続けて欲しいと思ってます。先の参議院選挙は民進党があるから票を入れた訳じゃありません。岡田さんが民進党の代表だから入れたんです。

    どうか支持者の考えを汲み取ってもらえませんか?もう一度お考え下さい。

  3. 野党きようとうを推進する会、広島 より:

    ご苦労ありがとうございました、しかし、この難極に出番は早いと思います、そのときまで
    一息つくことは良いこととお察します。ありがとうございました。

  4. マツダテ より:

    ご苦労様でした。報道では参院選は敗北との総括ということらしいですが、前回と比べ、勝利とは言えないまでもかなり善戦したと理解しています。又、党内から野党共闘への批判もあるように聞きますが、これも納得できません。現在の政治状況は改憲へ間違いなく向かっており、そこ一点で共闘を組むことは現在の党勢からいえば当然です。これに反対を唱える方は今回並み、今回以上に勝てる具体策を示し、現実の選挙で勝ってみせてくださいと言いたいね!岡田さん!

  5. Tom より:

    参院選、都知事選でのご奮闘に敬意を表します。
    代表から退かれるとのこと、とても残念です。
    昨秋来、ご苦労を重ねられ野党共闘(反安部・反自民共闘)を実現された貴殿の大義と路線を継承される後任者を擁立し誕生させられるよう願って止みません。そのためにも、次期代表選、貴殿がイニシアを取られることが不可欠です。
    目指すは”Stronger Together”—DNCのスローガン—です。
    時節柄、ご健康にご留意下さい。

    1都民(元私学経営者)より

  6. ichi より:

    岡田克也様: 「党代表を辞めないでください!」

    民進党への政権交代を実現するためには、ようやくここまで築き上げた市民を含めた野党共闘をさらに発展させ、無党派層等を含め最大限に結集させていく道しかありません。

    参院選、都知事選で見えたことは、「1.市民を含めた野党共闘は確実な成果を出した」という事と、「2.それ以外の一般有権者の支持の拡大のために何が足らなかったか」という事です。つまり、「大多数の一般有権者」にとって、抽象的・理念的な主張・政策だけでは投票につながらないのあり、今までの方針に加えて、日常生活に直結した問題と具体的対応策を戦略的に発信していく事が必要です。

    今後衆院選まで、さらに進化した戦略をまとめ上げ、時には強引にでも民進党を率いて全力で戦い抜く代表こそが必要であり、客観的に考えて、一般有権者を含め各方面からの信頼も厚く、最も適格なのは岡田氏だと思います。

    「少なくとも次の衆院選まで、岡田党首のもと、野党共闘路線を進化させながら戦い抜く」道だけが民進党の存続と政権交代につながっていると考えます。

    同時に、戦後築いてきた自由民主主義・平和国家日本を守り続けるためには、岡田代表の下での一貫した野党共闘による政権交代しかないのであり、全力疾走の真最中の今、代表交代はあり得ません。

    一度首相辞任に追い込まれながらも、政権を奪還した安倍首相の執念に対抗し、政権交代を実現するためには、どんな泥を被ってでも、ただ前だけを見て全力で走り抜く、図太い「最強の意志と行動」こそが必要です。

    その覚悟さえあれば、どんな状況であっても、必ず道は開けます!
    私達も全力で支持・応援します!

    どうか、せめて次の衆院選まで、先頭で走り抜いてください!

  7. Tom より:

    冠省

    お尋ね申し上げます。
    本日午前、貴殿のブログ?に関し、小生の意見を返信させていただきましたが、赤字で「あなたのコメントは承認待ちです」なるコメントが返って参りました。
    意味が理解できません。お送りしました拙稿に何か不都合な点でもございましたか?
    それとも、内容や表現につき審査され受理の認否を判断されているのですか?
    恐縮ですが、ご回答願います。

    不一

    • katsuya より:

      Tom 様

      いつも岡田克也の政治活動にご理解頂き、ありがとうございます。
      さて、「承認待ち」の件ですが、
      いろんな、さまざまな方からコメントを頂きます。
      中には不適切な、使ってはいけない言葉での誹謗中傷もございます。
      よって、一度、こちらで確認してから、コメントをアップするシステムになっております。

      Tom様のコメントは、岡田も拝読し、先ほどアップさせていただきました。
      ご理解いただけますよう、よろしくお願い致します。
      今後とも、ご支援賜りますよう、よろしくお願い致します。

      岡田克也事務所

  8. ドラドラ より:

    岡田さんのおかげで政治に興味を持ちました。民主党時代に岡田さんを知り代表になられたときはとても嬉しく今後の日本を真剣に考えてくださる岡田さんなら何か変わるかもしれないと思っていました。民進党に変わっても代表を続けてくださると思っていましたが出馬されないということでショックを受けいます。
    これからも頑張ってください
    応援しています

  9. BUSINESS LIBERALISMこと 松崎宣明 より:

    岡田代表の今回のご決断に関しましては、先に7月28日付の岡田代表のブログ記事「都知事選―待機児童、五輪など課題山積の都政を変えられるのは鳥越氏」に弊コメントを投稿させていただきました。

    そこでお伝えさせていただきましたように、私は、個人的には、岡田代表に代表職を続けていただきたいと現在も思っております。

    ただ、我々は、あくまでも外から拝察するにとどまります。今回、岡田代表におかれましては、我々の知り得ない事情も含め、全ての事情をご勘案の上、民進党の党勢拡大のため、そして、政権交代可能な二大政党制確立のため、最善の決断をされたものと拝察申し上げます。

    なお、僭越ですが、その後気付いたことを、お伝えさせて下さい。

    私は、かねてより、民主主義においては、立法府、すなわち日本においては国会が、政治の中心になるべきであると思っています。

    民主主義の下においては、立法府が政治の中心であるべきです。なぜなら、立法府が国民にもっとも近いからです。そして、立法府は、法律と予算を通じて、行政府をコントロールします。立法府が主導し、より詳細に法律と予算で決めれば決めるほど、立法府の行政府に対するコントロールが強まります。

    次の政権交代は、岡田代表を引き継ぐ新しい代表の下で実現するかも知れません。あるいは、もう一度、岡田代表が代表職を担い、政権交代が実現するかも知れません。

    いずれにせよ、政権交代を目指す過程においても、そして、政権交代のあとも、民主主義の本来の姿である、国会が中心となり、国会が主導する政治が行われることが、国民の一般福利と平和にもっとも資するものと思われます。

    岡田代表におかれましては、新体制の下においても、ぜひ引き続き、執行部にご留任いただき、野党4党の協力体制の発展のため、また、分配と成長を両立させる経済政策、並びに、立憲主義と平和主義のため、そして、何よりも国民の一般福利と平和のために、お力を発揮いただきますようお願い申し上げます。

    引き続き、民進党主導による野党協力並びに政権交代を支持、応援させて下さい。

  10. けーたん より:

    民主党から民進党内のいろいろな議員の方々を束ねることは、とてもたいへと心底思って応援させて頂きました。
    そんなたいへんな中でも、党員議員先生方は、自民党みたいな不祥事を誰一人とも起すことはなく、結束されてこられました。また、鳥越候補者は、5大疾病の中でも若い人の死亡率1位で高齢者の癌の進行率は低い癌から、多くの都民の命を救おうと懸命でした。当事者でしか解らない癌の苦しみが解る鳥越氏を候補者にして頂き、とても感動しました。鳥越さんは、アバウトな性格から、捏造ゴシップに動揺はされないようでしたが、筆跡からは、辛いストレスの現れと察します。教員といいうものは、元教え子のことは言いにくいものだと思います。特に、鳥越さんは、心理学も学ばれたらしいので、たとえ鳥越さんが無実であっても言いにくいことだと思いますので、不安定な元女性生徒のことよりも低俗な週刊誌と闘うことと思われます。今回、野党共闘との連携も民進党内でも異論があったかと思われますが、そんな中、岡田先生は、民進党を束ねるだけでなく、ゴシップからも鳥越さんを擁護され、本当にたいへんだったと思い、岡田代表でなかったら、四野党共闘には至らなかったかもしれないです。私ども有権者は、勝負よりも、選挙の課程で、口先だけでなく、真から都民の為に頑張って頂いている人であるかを見ています。癌の寛解者であり御高齢の鳥越氏を庇い応援されている四野党こそは、いろんなことを抱えている都民の都政を担えると確信しました。勝負結果よりも、プロセスに感動しました。どうか、岡田先生、たいへんだと思いますが、これからも四野党を蓮舫さん、他の民進党議員先生らと纏めて都民、国民と一緒に頑張って頂きたいと心からの願いと感謝をさせて頂ます。

  11. さんぴん茶 より:

    岡田さん、お疲れさまでした。民主党は民進党として再出発し、政権交代までの道のりを力強く歩き始めた感があります。
    今回の決断は参院選後というより、もともと岡田さんは代表になられた当初から、任期いっぱいで退かれるお考えだったような気もします。ご自分の役割は海江田代表落選で大きな危機に直面した民主党を立て直すところまでで、あとは若い人にまかせると、最初から決めておられたのではないか。それは考えすぎかもしれませんが。
    今後はおやりになりたいこともたくさんあることでしょう。自由な立場になられてからの岡田さんに期待しております。暑い日が続きますがご自愛ください。

  12. つがるの異端児 より:

    今度の代表選で選出される民進党党首は、清濁あわせもつ知恵をもつ人。共産党はダメとか、社民党はダメとか、この指にしかとまれない党首のもとでは、衆院補選選挙、地方統一選挙、そして総選挙で、国民の支持を勝ち取れない。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP