ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 都知事選―待機児童、五輪など課題山積の都政を変えられるのは鳥越氏

トピックス

都知事選―待機児童、五輪など課題山積の都政を変えられるのは鳥越氏

昨日、東京都知事選挙の応援で、鳥越俊太郎さんと一緒に街頭演説を行いました。新宿駅南口で約1000名の皆さんに熱心に聞いていただきました。ここで私が述べたポイントは以下のとおりです。

この都知事選で一番大切なことは、今までの流れを断ち切り、都政を刷新できるかどうかです。そして、それができるのは、民進党他野党4党が推薦している鳥越俊太郎さんしかいません。

有力候補はあと2人と言われています。1人は都政与党・自民党丸抱えの増田寛也さんです。もう1人は、推薦がもらえず今は自民党を批判していますが、ついこの前まで自民党東京都連の会長代理をやっていた小池百合子さんです。この2人に、本当に今までの流れを断ち切ることができるのでしょうか。

都政の課題はたくさんあります。例えば、1つは、子ども・子育てです。

待機児童の問題は随分前から深刻だと言われてきました。私たちが民主党政権時代に初めて、消費税から7000億円を毎年投入すると決めて、そこから、今に至る動きが始まりました。

それまで、ずっと与党だった自民党は何をしていたのでしょうか。そして、4月に発表された数字では、東京都の待機児童は8500人を超えています。しかし、隣の横浜市の待機児童はわずか7人、事実上ゼロです。つまり、トップ(知事、市長)によって、これだけ変わってくるということです。

もう1つは、東京オリンピック・パラリンピックの問題です。

オリンピックの成功を願わない人はいないと思います。しかし、コンパクトなオリンピックにするという当初の考え方が失われ、いつの間にか、どんどん予算が膨らんでしまっています。

私は、国会の予算委員会の審議などを聞いていて、最も危機感を持つのは、誰が責任者なのかはっきりしないことです。

森喜朗元総理がトップを務めるオリンピック組織委員会、そして国、東京都。この3者の中で、一体誰が中身を精査し、無駄な予算を削り込んで、本当に意味のある、負担の少ないオリンピックを実現するのか。少なくとも今までの東京都には、その考えを窺い知ることはできませんでした。都議会与党である自民党にも、そんな発想があったとは到底思えません。

だからそこを断ち切って、本当に都民の立場に立って、将来の負担が少ない、コンパクトで中身のあるオリンピックを成功させなければならないのです。

東京都も大変です、今は景気もいい。大きい企業の本社もありますから税収はあります。しかし、これから高齢化が最も急速に進むのは東京です。団塊の世代の皆さんが、高度成長期にどんどん東京に来て、家庭を持って働かれた。そういう皆さんが75歳になり、やがて80歳になっていく。最も急速に高齢化が進むのが東京です。

だから今、その時の備えをしっかりしておかないと、無駄に使うお金は一銭もないのです。都知事の無駄遣いが問題になりましたが、果たして都知事だけなのか。そういう体質が都政全体にあるのではないか。それを全面的に見直していく人が必要なのです。

鳥越さんは卓越したジャーナリストです。人の話を聞く耳を持つ。もちろん、聞く耳を持つだけではなくて、ズバリ本質に切り込む。それこそが東京都のトップリーダーとして必要な資質ではないでしょうか。

残された3日間、いろんな攻撃が飛んできます。激しいものもありますがそれを乗り越えて、乗り越えて、全力で鳥越さんを応援していきたいと思います。

IMG_6314
IMG_6322



コメント
  1. BUSINESS LIBERALISMこと 松崎宣明 より:

    岡田代表におかれましては、このたび、東京都知事選挙にあたり、野党4党の枠組みの下、鳥越俊太郎さんを支援される体制をご構築いただき、本当にありがとうございます。また、連日、鳥越さんへの応援演説をいただき、ありがとうございます。

    29日には、各界で活躍する女性のみなさんから、鳥越さんへの応援演説がありました。感謝申し上げます。

    岡田代表がおっしゃられているように、この都知事選挙で一番大切なことは、今までの流れを断ち切り、都民のために、都政を刷新できるかどうかであると思います。

    報道によると、まだ誰に投票するか決めていない有権者が3割を超えるそうです。この最後の数日で、選挙の結果が決まると思われます。

    引き続き、民進党主導による野党協力並びに政権交代を支持、応援させて下さい。

  2. きむさん より:

    全面的に賛同します。
    頑張ってください、そして、頑張りましょう!

  3. あぴ~ より:

    拝読して鳥越さんの政策の要点をまたよく知ることができました。
    新宿駅バスタ前に行きました。子どもの風邪で間に合わなかった
    岡田さんの演説をネットで拝見しました。
    いま日本は分岐点に立っているのだと感じます。
    それをどちらに舵をきるのか、私たちは決めることができる、
    そのちからをそれぞれの手に握っているのですよね。
    演説を聴いて、体の内側から力が湧いてくるようでした。
    都政を取り戻す、私たち暮らすものの手に。
    それは主張しておかしいことなんてないものなのですよね。
    政治は私たちが動かす。実感をもって学びとらなくてはいけないのだと思いました。
    参議院選の野党共闘のおかげで、政治が身近で、変えられる可能性のあることだとわかりました。
    ありがとうございました。
    今後も日本の政治のリーダーとして、ますますのご活躍を祈念します。
    明日の都知事選、勝ちましょう!

  4. ナナカマド より:

    選挙戦最終日近所の喫茶店とか食堂で選挙の会話しても一様に増田か小池という人がおおいです。皆マスコミの情報に毒されていると信じたい。彼らをぎゃふんと言わせる驚くべき結果が出ることを私は願っている。岡田さんには代表を辞任しても信念を曲げることなく引き続き頑張ってほしいです。

  5. BUSINESS LIBERALISMこと 松崎宣明 より:

    民進党におかれましては、今回、東京都知事選挙にあたり、野党4党の枠組みの下、鳥越俊太郎さんを支援される体制をご構築いただき、本当にありがとうございました。また、連日、鳥越さんへの応援演説をいただき、本当にありがとうございました。

    今回、都知事選挙は、残念ながら、与党側候補者が当選する結果となりました。

    しかしながら、今回の都知事選挙は、多くの市民のみなさんが、政治に参加することの大切さを実感した選挙であったと思います。大勢のボランティアのみなさんによる電話がけが行われました。また、勝手連による街頭スタンディングも、都内数百ヶ所で行われました。市民のみなさんの政治参加が拡大しつつあります。

    私は、今回、野党4党が、鳥越俊太郎さんを統一候補としたことは正解であったと思っています。鳥越さんは、非常に強い発信力を持つ方です。そのため、メディアが、東京都知事選挙を、朝の情報番組から始まり、午前、午後、夕方、夜と全ての時間帯で連日伝えました。その結果、野党4党の基本的なメッセージが全国に強力に伝わりました。

    分配と成長を両立させる新しい経済政策、公共事業よりも人への投資、立憲主義、平和主義、そして、脱原発、核兵器廃絶というメッセージがメディアを通じて伝えられました。これらのメッセージは国民のみなさんの記憶に残り、今後、景気が後退し、格差が拡大するにつれ、あるいは、安全保障環境が緊張するにつれ、野党4党の政策に共感するみなさんが増えて行くことにつながるでしょう。その意味で、野党4党の協力体制が維持されたことは、きわめて大きな成果であったと思います。

    ただ、今後の課題として、よりきめ細かな野党4党間の協力、そして、統一候補への支援でまとまることの大切さも確認されました。

    民主主義は、妥協と連携による統治です。そのため、立候補を取り止めた候補者の方にも応援に参加していただけるような体制作り、あるいは、脱原発にもかかわらず原子力発電・原子力産業に従事しているみなさんにも応援していただけるような仕組み作りついて、さらなる検討と調整が必要と思われます。これらは、今後、国政選挙でも問題となるはずであるため、時間をかけて検討を加えることが必要と思われます。そして、日本の市民のみなさん一人一人が、妥協と連携による統治を含め、民主主義の諸原則を理解したときに、本当に民主主義は根付くと思われます。

    なお、民主党政権のときや今月の参議院選挙、そして、今回の都知事選挙において、様々なネガティブキャンペーンが行われましたが、有権者のみなさんも、徐々に目が慣れてきていると思われます。今回の都知事選挙では、参議院選挙のときにあれだけ激しかった反共宣伝も目立ちませんでした。

    今後、与党側は、年内にも予定される衆議院選挙へ向けて、憲法改正の必要性を訴えてくる可能性が高いと思われます。そのため、岡田代表が構築された野党4党による協力体制をよりいっそう強めるとともに、幅広い国民のみなさんの支持を得るよう、より具体的に、分配と成長を両立させる新しい経済政策、そして、立憲主義、平和主義について訴えて行く必要があると思われます。

    引き続き、民進党主導による野党協力並びに政権交代を支持、応援させて下さい。

  6. BUSINESS LIBERALISMこと 松崎宣明 より:

    報道で、岡田代表が、次期代表選挙には参加されないということを伺いました。私は、個人的には、岡田代表に代表職を続けていただきたいと現在も思っております。

    アベノミクスに代わる新しい経済政策を国民に提案し、実現して行くという戦いは始まったばかりです。また、憲法違反の安保法制を廃棄し、日本国憲法の平和主義を確立するという戦いも始まったばかりです。リベラル派を中心に、保守派を含む、党内の多様な意見をまとめ、民進党を前進させるためには岡田代表の強力なリーダーシップが必要です。

    ただ、我々は、あくまでも外から拝察するにとどまります。今回、岡田代表におかれましては、我々の知り得ない事情も含め、全ての事情をご勘案の上、民進党の党勢拡大のため、そして、政権交代可能な二大政党制確立のため、最善の決断をされたものと存じ上げます。

    岡田代表の下、民主党は維新の党と合流し、勢力を拡大、リベラル政党としての民進党が生まれました。さらに、岡田代表の指導力の下、まさに歴史的な野党4党の協力体制が構築されました。

    そして、岡田代表が先頭に立って戦った今月の参議院選挙においては、前回参議院選挙のときと比べ当選者が倍増、民進党は、いよいよ反転攻勢への一歩を踏み出しました。

    そのため、9月の代表選では、必ず岡田代表の路線を引き継ぐ方が代表に選出されるものと確信しております。

    今後、次の衆議院選挙へ向け、さらに野党協力を維持・充実させて行くために、岡田代表と他党党首との信頼関係が必要とされます。また、台湾危機や南シナ海における危機に対処し、外交による安全保障を実現するために、岡田代表が持つ中国との太いパイプが必要です。

    岡田代表におかれましては、新しい代表の下においても、ぜひ引き続き、執行部にご留任いただき、野党4党の協力体制の発展のため、また、分配と成長を両立させる経済政策、そして、立憲主義と平和主義のため、そして、何よりも国民の一般福利と平和のために、お力を発揮いただきますようお願い申し上げます。

    引き続き、民進党主導による野党協力並びに政権交代を支持、応援させて下さい。

あぴ~ にコメントする コメントをキャンセル

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP