ホーム > トピックス > 活動レポート > 安倍政権による憲法改悪、暴走を阻止する(夕刊フジコラム 2016/6/23)

トピックス

安倍政権による憲法改悪、暴走を阻止する(夕刊フジコラム 2016/6/23)

 参院選が22日公示された。戦後行われてきた参院選の中で、今回ほど重要な選挙はない。

 争点は2つ。1つは「経済と暮らし」だ。安倍晋三首相は「アベノミクスのエンジンをふかす」「ギアを2、3段上げる」と語っているが、国民の多くは「アベノミクスは行き詰まっている」と感じている。このまま方向転換せず、安倍政権の暴走を許せば、国民生活は破壊される。

 今の日本に必要なのは「分配と成長の両立」だ。国民が安心して生活できる状況をつくらなければ、消費は伸びず、持続的な成長は実現できない。

 わが民進党は「人への投資」「格差の是正」「働き方革命」を掲げている。選挙戦では、「国民との約束」(参院選公約)に明記した具体的政策について、しっかりと訴えていきたい。

 もう1つの争点は「憲法改正の是非」だ。

 安倍首相は19日に行われた党首討論会で、憲法改正について「参院選の結果を受け、議論を進めていきたい。次の国会から憲法審査会を動かしていきたい」と語ったが、この発言はおかしい。

 この参院選で、憲法の何をどう議論するのか、どの条文を、どのように変えていくかについてハッキリすべきだ。集団的自衛権の行使を認めて、海外で武力行使をするような憲法改悪は許してはならない。「憲法の平和主義が破壊される」と徹底的に訴えていく。

連日、全国各地を回っているが、有権者の方々の熱も高まっている。動員をしなくても、告知をするだけで多くの人々が集まってくれる。報道各社の世論調査で、内閣支持率や自民党支持率が下がっている一方、無党派層が増えている。こういう人々の期待に応えられるよう、頑張りたい。

 憲法を改悪させないためにも、最低限、改憲発議に必要な「参院の改憲勢力3分の2」の議席確保を阻止する。さらに議席を積み上げて、安倍首相が掲げる「与党で改選議席の過半数(61議席)」を打ち砕きたい。

 さて、数々の「政治とカネ」や「公私混同」の疑惑が指摘された舛添要一氏が21日付で東京都知事を辞職した。甘利明・前経済再生相もそうだが、大臣や知事を辞めたからといって、説明責任が免除されるものではない。自民党はこれで幕引きにしたいようだが、舛添氏を知事にした責任がある。安倍首相は自ら、舛添氏に説明責任を果たすよう求めるべきだ。

 都知事選は7月14日に告示され、同31日に投開票される。新しい知事は都庁や都議会を刷新することが期待されている。民進党としては与野党相乗りではない、適切な候補を擁立したい。相乗りでは都政の刷新はまったく期待できない。 (民進党代表)




TOP