ホーム > トピックス > 活動レポート > その他 > 代表選出馬表明

トピックス

2004.08.24|その他

代表選出馬表明


■私の決意(代表選挙出馬に当たって)

先の参議院選挙において、民主党は自民党を上回る議席を得ることができました。民主党は、次の総選挙において必ず政権交代し、国民の手に政治を取り戻すという重い責任を負いました。全党一丸となってこの責任を果すことが必要です。

しかし、自民党政権、既得権勢力を倒すことは決して容易なことではありません。いかなる手段を持ってしても権力保持に全力を挙げることは間違いありませ ん。加えて、民主党は自公両党に対して、決して勝ったわけではありません。自公両党や既得権勢力との戦いはこれからが本番です。

民主党の勝利は民主党関係者の党を挙げての努力と国民の皆さんの支援の結果です。しかし、私自身が代表として私の考えを盛り込んだマニフェストを挙げ、 かつ小泉総理との対決の前面に立って参議院選挙を戦った以上、私が引き続き民主党の代表をつとめることが、民主党を支持していただいた国民の皆さんへの責 任であると考えます。国民の皆さんの民主党に対する期待感、信頼感を裏切らないためにも、私は代表選挙において勝利しなければならないと確信しています。

この十年間、政権交代ある政治、自民党に代わり日本政治の本流を担う政党づくりをひたすら目指してきた私にとって、民主党がここまで育ったことは本当に 感慨深いものがあります。私の使命は民主党代表として、多くの先輩、仲間の協力を得て、これからの二年間に民主党を政権を担いうる政党に育て上げることで す。同時に自分自身も理想のリーダーに向けて努力、研鑽を積むことです。そして、その間可能な限り、小泉政権を解散・総選挙に追い込み、これに勝利するこ とです。

そのためには第一に選挙で勝つための党改革をはじめ、民主党の更なる改革が必要です。そして第二に民主党政権が実現したときのビジョン・政策を作り上げ ることです。このために私は代表選挙出馬にあたり、「民主党改革の方向性」と「2015年、日本復活ビジョン」を提示することとしています。

一人ひとりが覚悟を決めて本気になって、そして全員が一致協力しなければ政権交代はないと考えなければいけません。いまこそ心を一つにすべきときです。

皆様が私の真意をご理解いただきますように心からお願い致します。




TOP