ホーム > トピックス > 活動レポート > 【代表談話】オバマ大統領の広島訪問について

トピックス

【代表談話】オバマ大統領の広島訪問について

2016年5月27日

オバマ大統領の広島訪問について

民進党代表
岡田 克也

本日、オバマ米国大統領が広島を訪問した。そして、71年前に原爆が投下されたその地で、「核なき世界」への決意を示した。日米両国のみならず、世界にとって歴史的な出来事であり、高く評価する。

この機に改めて、広島・長崎で原爆の犠牲となった方々に心より哀悼の意を表する。また、今なお多くの方々が苦しんでいることを心に刻まなければならない。

オバマ大統領は所感の中で「原爆で亡くなった全ての人に思いを馳せる」とした上で、「アメリカを含む核保有国が勇気をもって核なき世界を追い求めなければならない」と述べた。米国の大統領が被爆の実相に触れ、そこで感じた思いを抱きながら、改めて自らの決意を示したことは、「核なき世界」の実現に向けた新たな一歩となると確信している。この歩みを決して止めてはならない。

あわせて、オバマ大統領は日米関係に触れた。唯一の核兵器使用国である米国と、唯一の戦争被爆国である日本が互いに手を携えて「核なき世界」を目指す。これこそ、今後両国が歩むべき日米関係の深化である。

唯一の核兵器使用国である米国が大きな決断をした。唯一の戦争被爆国として、そして現に核の脅威に直面している我が国も行動する時である。同じ志を共有する各国との連携を強化し、「核なき世界」を目指す国際社会の強い意志を示さなければならない。そのため、米国をはじめとする核保有国との協議も行っていく必要がある。

人類の歴史において、核兵器は二度と使われてはならない。そのことを我が国は世界で最もよく知っている。だからこそ我が国は、「普通の国」とは異なる平和国家の道を堅持する必要がある。そのことを民進党は粘り強く国内外に訴えていく。

以 上




TOP