ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > LGBT─各党の合意を得て、差別禁止法の今国会成立を目指す

トピックス

2016.02.17|TALK-ABOUT [ブログ]

LGBT─各党の合意を得て、差別禁止法の今国会成立を目指す

img_3522


性的少数者(LGBT)とそれを支援する若い人たちとの国会における会合が行われました。超党派で各党から国会議員が集まって、お話を聞き、意見交換をすることができました。

私も総理の施政方針演説に対する代表質問で、LGBTの問題を取り上げました。LGBT差別禁止法を超党派で作るべきだと、総理に同意を求めたのですが、総理のほうは「慎重に検討する」という、実質的には拒否の回答でした。

今日改めて具体的にお話を聞いて、いかにLGBTの皆さんが、社会の無理解、親までも含めて理解されないなかで苦しみ、そして自殺をしたり、あるいは、いじめに遭ったり、苦しい日々を、特に子どもの時に送っているかということを改めて認識させられました。

欧米では、かつては宗教的な理由もあって、非常に厳しい対応がとられていたわけですが、その後、方針が変わり、現在ではLGBTについての理解が進んでいます。


日本に来る各国の大臣を見ても、同性のパートナーを連れた方もいて、それが当たり前のこととして定着しているということを感じさせられます。

日本は少し遅れてしまいました。まず法律を作って、国民一人ひとりの意識を変えて、そして、行政機関などの差別的な取り扱いというものを改めていかなければならないと思います。

与党の中にも理解していただく議員の皆さんがいらっしゃいます。何とかこの国会で、民主党が中心になって原案を作ったLGBT差別禁止法案をバージョンアップして、合意を得て国会へ提出し、成立を目指したいと考えています。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP