ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 沖縄訪問─4人に1人が亡くなった地上戦、忘れてはならない原点

トピックス

2015.06.24|TALK-ABOUT [ブログ]

沖縄訪問─4人に1人が亡くなった地上戦、忘れてはならない原点


6月23日(火)は沖縄慰霊の日、つまり沖縄における戦争、地上戦が終結した日ということで、私も県主催の式典に参加してきました。

安倍総理が話をされたときに、かなりのヤジが飛びまして、沖縄の人々の気持ちに非常に厳しいものがあるいうことを、改めて実感しました。

そのあと、ひめゆりのセレモニー、式典にも出席してきました。ひめゆり平和祈念資料館の島袋館長にご案内していただき、館内の視察もさせていただきました。


語り部としては、実際の経験者の皆さんがご高齢になられて、若い世代に引き継がれていましたが、館長は自らのご経験、つまり友人が次々に亡くなっていったこと、そして最後の場面で身動きが取れない、厳しい状態だったのをその友人に運んでもらって、そういう中で米軍に見つかり、捕虜になり、助けられた、というお話をされていました。

やはり、実際に経験された方の話にはすごく力があって、改めて沖縄における戦争の、地上戦の厳しさ、そのことを実感したところです。

沖縄の基地の問題を語るに際して、やはり島民の4人に1人が亡くなったという厳しい経験、本土に代わって地上戦が行われたということは、原点として決して忘れてはならないことだと改めて感じました。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP