ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 党人事決定―オール民主で党一丸となって前に進む体制ができた

トピックス

2015.01.23|TALK-ABOUT [ブログ]

党人事決定―オール民主で党一丸となって前に進む体制ができた


今日、党の両院議員総会を開いて、党の人事を決定していただきました。

代表に就任して以来、2日間ほど缶詰になって、関係者の皆さんと議論しながら人事構想を練っていましたが、今日承認され、ほっとしているところです。

今回の人事の特長は、幹事長は枝野さん続投。枝野さんとはペアを組んでやることが非常に多かったのですが、非常に信頼できる人。そして代表代行に長妻昭さんと蓮舫さんに就いていただいたというところです。

私とともに手分けをして、様々な活動をしていただくこと。2人とも非常に力のある政治家ですので、例えば地方へ行っていただいて、様々なお話していただいたり、統一地方選挙の応援をしていただくということ。適任だと思います。


同時に、いろいろな重要なことはこのお2人と枝野幹事長、そして参議院の郡司会長、案件によっては政調会長や国対委員長と相談しながら、物事を方向付けしていきたいと思っています。

政調会長には細野さんに就いていただきました。政調会長というのは非常にいろんな案件、議論を尽し、調整していく、最後は決める、大変重要なポストですが、そこに代表選挙で私と決選投票になった細野さんに就いていただきました。

国対委員長は高木さん。私の同期ですが、ベテランの髙木さん、それを安住さんが代理として支えるという構図になりました。私は非常にいい、しかも「オール民主」のバランスのとれた、そういった配置になったと思います。

「次の内閣」についても、前原さんはじめ、力のある政治家に入っていただき、非常にいい形が出来た。これで来週から始まる国会、国会論戦や意思決定、党が一丸となって、前に進んでいく、その体制が出来たと思います。

しっかり頑張っていきたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP