ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 代表選告示─民主党の原点に回帰し、党を、国をもう一度立て直す

トピックス

2015.01.08|TALK-ABOUT [ブログ]

代表選告示─民主党の原点に回帰し、党を、国をもう一度立て直す


今日からいよいよ代表選挙が始まりました。

出陣式を行って、玄葉光一郎さんに選対本部長、蓮舫さんに選対本部長代行を務めていただき、多くの皆さんにご出席いただきまして、出陣式をいたしました。

その後、共同記者会見で、細野豪志さん、長妻昭さんと一緒に出席をいたしまして、記者の皆さんのいろいろな質問を受けました。


私が今日申し上げたことは、民主党は確かに今、大きなピンチにある。私は党再生のラストチャンスだと思っていますが、しかし、今までやってきたことを全否定するのではなくて、むしろ原点に回帰すべきだということを申し上げました。

「原点」というのは、1つは綱領にある「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立つ政党。もう1つが、未来志向の改革政党。

今一つ私が申し上げたことは、多様な様々な人々が相集う民主党。ここの原点をもう一回しっかりと見つめ直す必要があるということを申し上げました。

「多様な」という意味で言えば、女性や若者や地域社会で頑張っている方々や、あるいは、いろんな困難に直面しながらそれと戦っている、そういった人たちをもう一回再結集して、新しい民主党を創っていこうということを呼びかけたわけです。

まだ眼は完全ではありません。片目で見ていますので、時間が経つと疲労も出てきます。

しかし本当に、昨年暮れの手術から、本人は10日間病院に入っていましたが、その間多くの皆様に支えられ、助けられて、今日を迎えることができたこと、本当に心から感謝申し上げます。

そして、しっかりと戦い抜いて、民主党のリーダーとして党を立て直すとともに、この国の政治をもう一回立て直していきたい。その決意を新たにしたところです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP