ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 異例の短期間の選挙―延べ91人の応援、体力の限り駆け抜けた

トピックス

2014.12.16|TALK-ABOUT [ブログ]

異例の短期間の選挙―延べ91人の応援、体力の限り駆け抜けた


今回の選挙は解散から投票日までが極めて短く、異例の選挙でした。

有権者の皆さんの関心も低く、得票率も下がってしまいました。そういう中で、私は解散後、延べ91人の候補者の応援に走り回りました。

私の場合は都市部が多かったのですが、ひんやりとしたあまり盛り上がらない雰囲気の中で街頭演説などをしていました。


ただ、後半と言いますか、最後の数日間はやはり300議席を自民党に与えてはまずい、ということもあったと思いますが、例えば愛知県などでは少し揺り戻しがあったと思います。その結果として、小選挙区での当選者が、愛知県は前回2人でしたが、今回増えた(6人)わけです。

各地区それぞれ、懸命に皆さん頑張っておられましたけれども、それを支える多くの皆さん、本当にありがとうございました。

私が行ったことでどれだけの助けになったのかというのは甚だ心もとないところはありますが、私なりに全力で体力の限り駆け抜けたと、そんな思いでいっぱいです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP