ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 地方行脚―地域で頑張る前議員たち、一緒に民主党を立て直す

トピックス

2014.10.29|TALK-ABOUT [ブログ]

地方行脚―地域で頑張る前議員たち、一緒に民主党を立て直す


すでに公認内定している候補者の皆さんをなるべく回って、お話を聞く、あるいは党として出来ることはないかご相談する、そのことを10月中一杯を目途に1カ月でかなり乱暴にやろうという計画を立てましたが、大体月内には主だったところをほぼ終えることが出来るのではないかと思います。

いちいち必ずしもお訪ねしているのではなくて、東京や神奈川では1カ所に順次来ていただいて、お話を聞くという、そういうやり方もしていますが、遠い所はなるべく私自身が足を運ぶことにしています。


この週末も飛行機で米子に飛びまして、米子の湯原俊二前議員と、そして支持者の皆様も含めて意見交換をさせていただきました。

湯原さんは県議会での経験も非常に豊富で、そして前議員、現職議員だった時もたくさんいる1年生議員を非常にしっかりとまとめて、リーダーシップを発揮していた素晴らしい政治家です。

湯原さんにお会いしたあと、電車で岡山に出て、最後は大阪に入りました。翌日は、その大阪から車で2時間少々かけて舞鶴へ行ってまいりました。

京都5区、谷垣禎一さん(自民党幹事長)の選挙区なのですが、我が党からは小原舞さん、女性の候補者が出ています。彼女も前議員です。小原さんやその支持者の皆さんとも非常にいい意見交換をさせていただきました。

乗り物にたくさん乗っていて、体力的にはきつい所もありますが、そういったそれぞれに地域で頑張っている候補者の皆さんと、その顔を見て意見交換が出来るということは、私自身も非常に疲れが吹っ飛ぶと言いますか、民主党を一緒になって何とか立て直していきたい、そういう決意を新たにしているところです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP