ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 臨時国会開会―言葉より中身、効率的かつ充実した国会審議を

トピックス

2013.10.15|TALK-ABOUT [ブログ]

臨時国会開会―言葉より中身、効率的かつ充実した国会審議を


いよいよ今日から国会が始まりました。参議院選挙後、3か月以上という非常に長い期間がありましたが、ようやく始まったという感じです。

今日、安倍総理の所信表明演説がありました。非常に元気よく演説をされましたが、具体的な中身はあまりなく、これからだと思いました。予算委員会などで、1つひとつしっかりと、言葉ではなく中身を議論していきたいと思います。


総理の演説に対して、時々自民党席から大きな拍手が起こりました。ただ、よく見てみると、後ろ3分の1くらい、つまり、当選回数の2回生以上の方々の拍手はまばらで、公明党席も拍手は非常に少ないという印象を受けました。

いろいろなことがあると思います。言葉だけではなくて、具体的な政策の中身1つひとつについて、丁寧にしっかりと議論していく必要があります。

いずれにしても、短い会期の国会です。議論すべき法案や、あるいは重要な中身がたくさん詰まっています。効率的に、そして同時に、充実した審議ができる国会でありたいと、改めて感じた次第です。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP