ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 三重県の海と緑―天然資源の活用と緑を保全する仕組みを

トピックス

2013.07.11|TALK-ABOUT [ブログ]

三重県の海と緑―天然資源の活用と緑を保全する仕組みを

130711


現在は、参議院選挙も行われていますので、三重県下全体を回っているところです。

改めて感じるのは、三重県というのは、本当に海と緑が美しいところだということです。

特に、南の方に行くと、そのことを強く感じます。どこまでも続く青い海、そして、山の緑、本当に素晴らしいものがあります。


こういった資源を上手く活かしていくことで、三重県の活性化というものを考えていかなければいけないと思います。

緑については、手入れがされず荒れている山もありますが、やはり、木の需要をいかに増やしていくかということが非常に大事だと思います。

バイオマス発電なども含めて、この緑を上手く使っていくということが大事だと思います。

それにしても、この緑がCO2(二酸化炭素)を大量に吸収していることは間違いないわけです。都市部でCO2を排出している地域に、もう少しいろいろな意味でご負担いただいて、緑をたくさん持ち、CO2を吸収している地域の緑の保全のための支援に使っていく。そういう仕組が必要だなと思っているところです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP