ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 参院選―自民党が行き詰れば民主党、三重全県で訴え

トピックス

2013.07.03|TALK-ABOUT [ブログ]

参院選―自民党が行き詰れば民主党、三重全県で訴え


いよいよ明日、参議院選挙がスタートします。

この選挙は非常に厳しいため、私も三重県下全体を駆け回っていますし、これから投票日まで、しっかりと訴えていくことになります。

私の選挙区の三重3区だけではなくて、全県下、特に、衆議院議員のいない1区、4区、5区全域を回って、高橋千秋さんへの支持を訴えていきたいと思います。


高橋千秋さんは13年間、参議院議員としてやってこられました。元々農協出身で、第1次産業に非常に強い議員ですが、それだけではなくて、経済産業大臣政務官や外務副大臣など、得意の英語も駆使しながら、しっかりと仕事に取り組んでこられました。

特筆すべきは、三重県全県下を歩いて、対話してきたということです。それだけ三重県全体を分かっている国会議員というのは多くないわけです。

13年間の蓄積を活かして、しかも50代半ばという、これから益々働き盛りという年代で、三重県のために頑張ってもらいたいと思っています。

我々民主党は、国民の皆さんから厳しいお叱りをいただいています。ただ、ここで自民党を強くし過ぎない、あまりにも大きな自民党になれば、憲法改正も含めて、歯止めがかからなくなってしまいます。

是非我々にチャンスを、そして、自民党が行き詰ったときは、政権交代ができるような政党に民主党を作っていくためのきっかけにもしていただきたいと思います。

どうか皆さんのご理解をよろしくお願い申し上げたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP