ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 被災地視察―住宅・仕事の確保へ政治も役割を果たし、皆で協力を

トピックス

2013.05.06|TALK-ABOUT [ブログ]

被災地視察―住宅・仕事の確保へ政治も役割を果たし、皆で協力を

130505_1_2


連休いかがお過ごしでしょうか。

私は、5月4日から3日間かけて、東日本大震災の被災3県をゆっくり見て、いろいろなご意見を聞こうと思い、被災地に来ました。

今日(4日)は、ここ陸前高田、そして、先ほど大船渡に行ってきました。

陸前高田は、岩手県内で最も厳しい被災をしたところです。幹事長時代(2011年7月)にも訪れていますが、そのときに比べて、基本的に変わってないという印象です。


私がいま立っているのは、旧市役所の前です。多くの方々が亡くなった陸前高田の市役所は、既に撤去されました。周りも大分がれきが取り除かれています。

しかし、生活する場、つまり、住宅や働く場が確保されているとは言えません。まだまだそういったことが、しっかりなされなければいけない。そのために、政治も役割を果たしていかなければならないということを、改めて感じているところです。

130505_2
ここ陸前高田では、ボランティアの方々が今日もたくさん集まって作業をされていたり、多くの方々が車で駆けつけて、被災の現場をもう一度追体験されていたりしています。

大船渡では、漁業者の皆さんがワカメを収穫されたりと、時間はゆっくりですが、新しい動きも見られることも事実です。

そういった新しい動きをさらに前に進め、そして、少しでも早く、この場で生活し、働くことができる状況を作っていくために、皆で協力しなければいけないと感じた次第です。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP