ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 新仕分け―1つの政権交代の大きな成果、ここにあり

トピックス

2012.11.20|TALK-ABOUT [ブログ]

新仕分け―1つの政権交代の大きな成果、ここにあり


「新事業仕分け」を、金曜日(16日)から日曜日(18日)まで3日間、みっちりやらせていただきました。特に金曜日は、解散の日で大変慌ただしかったのですが、大部分は私も出席しました。

金曜日には、例の復興予算の問題。復興予算に計上されているもの、そして来年度要求されているもの、それが本当に復興予算でやることが適切かどうかということについて、議論をしました。多くの事業について、復興予算で計上するのは適切ではないという結論になりました。

そして、2日目の土曜日(17日)が生活保護の問題を中心に社会保障に関すること。生活保護については、1つは本当に保護が必要とされる方々にきちんとした支給がなされなければいけないが、かえって自立の妨げになっているようなことがないのか。そういう視点で議論させていただきました。

保護基準が消費水準で見て10分類の1番下の1割。そこに合わせて生活保護の基準ができていますが、その他にも、生活保護にはいろいろな手当て、医療費が無料、あるいは住宅に対する補助などが加わっています。

結果として、レベルとしては少し高くなってはいないかという視点。そして、そもそも消費水準を最も少ない1割の方に揃えることが妥当なのか。もう少し厳しい水準が考えられるのではないか。こういった議論が結論的になされました。このことについては、なおよく議論する必要があるとは思います。

足立区役所で生活保護の第一線でやっておられる方にもいろいろなご意見を聞かせていただきましたが、生活保護で受けている水準を超えるだけの所得を得ようとすると、かなりハードルは高く、結果的にはそれを諦めてしまって、生活保護を受けることが続いていくというケースもある──。
そういうお話もありました。

こういった点について、さらにしっかりとした議論を行って、政府としての考え方をまとめていかなければならないと思います。

そして3日目は、政府がいま来年度要求で重点を置いています3分野、ライフ(医療・介護)、グリーン(自然エネルギー・省エネルギー)、そして農林水産。この3分野の予算要求について、いろいろ意見交換をさせていただきました。

もちろん、この3分野は重点分野ですから、予算をそこに集中的にという思いはありますが、客観的に見て効果が薄そうなもの、あるいは各省庁でダブっているものについて、厳しく見直しをさせていただいたところです。

この事業仕分けの問題は、民主党政権の中で予算要求しているわけですから、これを要求している省庁を叩くということではなくて、しっかり議論したいという思いで、今回の「新仕分け」を企画させていただきました。
なかなかいい議論ができたのではないのかなと思っています。

今回は経費節約のため、ホテルなどの会場ではなく、役所の会議室でやりました。その関係で、外からの参加者がいないメディアだけということでしたが、インターネットでも3日間フルに生放送し、議論そのものを多くの方々に見ていただきました。

それから、ツイッターといいますか、この世界で非常に有名な津田大介さんや速水健朗さんなどに会場で常時発信していただき、それに対してもいろいろな意見をいただくということも、初の試みでしたがやらせていただきました。したがって、かなり多くの方が、この3日間の議論を見ていただいたのではないかと思います。

書き込みは、最初はどうかなと思うものもありましたが、しっかりと議論を踏まえてのご意見も途中から増えました。多くの方に、こういった政策決定、いろいろな問題、役所の側の論理、そして評価人や我々の意見も聞いていただくなかで、1つ1つ深い議論があるということを、わかっていただいたのではないかと思っています。

予算の作成過程というのは、従来はほとんどブラックボックスでした。霞が関の中だけでやっているということですが、今回はその一部とはいえ公開をしたということと、その元になる事業レビューのシート、つまり、国が出しているお金の5000にわたる項目(事業)について、どういう政策目的で補助金があり、そして、どこにどのくらいのお金が出ているのかということが、ホームページですべてアクセスできます。こういうことも、政権交代の大きな成果だと思っています。

民主党政権になって、そういった霞が関の中のブラックボックスが明らかにされたということは、非常に進んだ点ではないかと思っています。

あわせて、会計検査院などのチェックも、この政権交代後、非常に厳しくなり、指摘される額が一桁増えました。これらもやはり、会計検査院にも存分にメスを入れてもらい、指摘をしてもらいたい、そういう政権の姿勢があるからこそ、これだけの額が増えたと思っています。

いずれにしても、1つの政権交代の大きな成果、ここにあり。そう思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP