ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 野田代表再選―いかなる立場でも、1人ひとりがしっかり努力を

トピックス

2012.09.21|TALK-ABOUT [ブログ]

野田代表再選―いかなる立場でも、1人ひとりがしっかり努力を

6a012875742179970c017d3c357a8897_2

先ほど臨時党大会が開催され、野田さんが民主党の代表として再選されました。

これは、予想されたことではありましたが、国会議員の数でも、地方議員、党員・サポーターの皆さんの投票を加味した数でも、圧倒的に野田候補が支持を得たということで、非常に良かったなと思います。

野田総理に対する党員・サポーター、つまり国民の皆さんの確かな眼と言いますか、評価を実感することができました。
もちろん、課題は山積です。外交も内政も非常に多くの課題を抱えるなかで、これまでも1歩1歩難しい問題に正面から取り組み、ブレることなく解決してきましたが、第2期野田政権として、今後もこれまで以上にしっかりとした歩みを前に進めていかなければいけないと思います。

野田総理は、子どもたちの笑顔、そして若いお父さん・お母さんの笑顔、おじいさん・おばあさんの笑顔を目指すということを、最後に真面目にお話されました。

全く笑顔はありませんでした。自分は、いまは笑わない。大きな課題、そして本当に国民1人ひとりが心から笑えるよう、決意を持って物事を前に進めていく──。そういう野田総理の決意のほどがうかがわれる、再選が決まったあとの野田さんの演説だったのではないかと思います。

第2期野田内閣が間もなくスタートすると思います。我々1人ひとりが、いかなる立場であっても、しっかりと努力をしていかなければいけない。そのことを改めて感じた臨時党大会でした。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP