ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 西岡議長のご逝去-政治改革への強い意欲と皇室への思い

トピックス

2011.11.07|TALK-ABOUT [ブログ]

西岡議長のご逝去-政治改革への強い意欲と皇室への思い


参議院議長の西岡武夫先生がお亡くなりになられました。私は、これほど悪いとは思っておらず、突然の訃報に驚くばかりです。心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

私は、幹事長時代に西岡議長をたびたび訪れることがありました。そもそも、新進党の幹事長を西岡先生が務めておられたときに、私は副幹事長としてお支えをした1人ですが、そういったご縁もありましたし、どうしても菅総理に対して批判的な言葉の多かった西岡議長は、参議院の執行部とも必ずしもコミュニケーションが十分とは言えない状況でしたので、私がときどきお邪魔をしては、ご意見を伺っていました。

国会内にある参議院議長の部屋では目立つということで、議長公邸に呼んでいただいて意見交換をさせていただいていました。

その中で、印象に残ることが2つありました。1つは、やはり選挙制度について、参議院選挙制度を改革することに非常に意欲を持って取り組んでおられたことです。

そもそも、政治改革について大変熱心に取り組まれ、そのことが自民党を離れることにつながったと思います。西岡先生は、新自由クラブに長く在籍されましたが、常に政治を良くしたい、改革したいという気持ちの強い方だったと思います。

そういう観点から、参議院の選挙制度改革について、議長としての提案――全国をブロックに分けて、そこで選び出すという提案――をされました。

各党の中に賛否両論あります。我が党は、ブロック制については、最終的にはその制度は取らないという意思決定をしましたが、いずれにしても、異例な議長のリーダーシップによって選挙制度を変えようという、強い意欲を感じさせられました。

もう1つは、陛下に対する思い、皇室に対する思いです。特に、震災において、天皇・皇后両陛下が現地に行って被災地の皆さんを励ますことについて、大変心を打たれておられたと思います。

そのことが、政府の対応が遅いというご批判にもつながるのですが、天皇・皇后両陛下が被災地に足を運ばれて、膝をついて被災者の皆さんのお話に耳を傾けられる姿に対して非常に感動され、陛下がいかに心を砕いておられるかを、私に対しても語っておられました。

基本的に皇室や陛下に対する強いお気持ちがあってのことだと、私は受け止めさせていただきました。

いずれにしても、政権批判も含め、議長としてはかなりはっきりものをおっしゃる方で、そういう意味では、やや行きすぎではないかと私も思ったことはありますが、人間的には、本当にいろいろなことを考えられ、物事を変えていこうという強い意欲を持っておられた方だったと思います。

突然の訃報を本当に残念なことだと思います。ご冥福を心からお祈りしたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP