ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 被災地訪問-前進はあるもまだまだ、3次補正の早期成立を

トピックス

2011.10.12|TALK-ABOUT [ブログ]

被災地訪問-前進はあるもまだまだ、3次補正の早期成立を

6a012875742179970c014e8c32c04297_2


この週末を利用して被災地を回ってきました。7日(金)に岩手県、8日(土)に宮城県、そして1日休んで、10日(月)に福島県です。

民主党の衆議院予算委員会メンバーの皆さんと一緒に、第3次補正予算の予算審議を前にして、もう一度被災地の現状を把握しておこうと企画をしたものです。

一言で言うと、いろいろな前進はあるものの、まだまだだなというところです。

今回訪れた岩手県の釜石市や宮城県の気仙沼市は、私が6か月前に訪れた場所です。そのときと比べれば、膨大な瓦礫(がれき)は片付けられ、打ち上げられた船などもきれいになっているか、間もなく片付けられるということで、そういう意味での変化はありました。
6a012875742179970c014e8c32c0d997_2

この週末を利用して被災地を回ってきました。7日(金)に岩手県、8日(土)に宮城県、そして1日休んで、10日(月)に福島県です。

民主党の衆議院予算委員会メンバーの皆さんと一緒に、第3次補正予算の予算審議を前にして、もう一度被災地の現状を把握しておこうと企画をしたものです。

一言で言うと、いろいろな前進はあるものの、まだまだだなというところです。


今回訪れた岩手県の釜石市や宮城県の気仙沼市は、私が6か月前に訪れた場所です。そのときと比べれば、膨大な瓦礫(がれき)は片付けられ、打ち上げられた船などもきれいになっているか、間もなく片付けられるということで、そういう意味での変化はありました。
6a012875742179970c015436124e5097_2
学校の除染についてはある程度進んでいましたが、膨大な農地や山林となったときに、これをどうやって進めていくのかを考えると、大変な時間と努力が必要になると改めて感じました。

山などは、かなり木を切ってしまわないと除染が進まないと思います。それをどういう手順で進めていくのかについて、もっと知恵を出さなければいけないと思います。

結局、山がきれいにならないと、その周辺の宅地や農地のリスクは続きます。これは、大変時間のかかる作業ですが、いつまでも時間をかけるわけにはいかないことも改めて感じたところです。
6a012875742179970c015436124eac97_2
畜産農家の方からは、「福島県の牛が売れない。そもそも出荷ができないという状態の中で、糞などは処分できないままどんどん積み上げられていく。もう何とかしてほしい」という悲痛な声が聞こえてきました。

そういった今回の被災地の旅でしたが、明るい話もありました。

前回(5月)、福島県を訪れた際にいくつか頼まれたなかで、大内新興化学工業というメーカーの工場が、福島第1原発から20キロ圏内(警戒区域)に入っているということで、操業できない状態にありました。これを、当時の枝野官房長官や福山官房副長官にも相談をして、再開できるようになりました。(注:大内新興化学工業は20キロ圏内の線引きのぎりぎり内側で、数10メートル離れた隣の工場は操業ができていた。)
6a012875742179970c0153923e929497_2
本格稼働はまだこれからでなかなか先は厳しいのですが、多くの人が引き続きそこで働けるようになったことは、非常に良かったと思います。

そして、もう少し20キロ圏内の中に入った工場などは、機械を移して仮設工場で操業するということも行われていました。

もう1つは、飯舘村の特別養護老人ホームです。ここも計画的避難区域内にあり、本来であれば動かなければいけませんでした。しかし、飯舘村の菅野村長さんから「これを動かすとなると、福島県内の施設はいっぱいなので、全国に動かさなければいけなくなる。そうすると、せっかく築かれたコミュニティは壊れ、高齢者の皆さんにとっても大変厳しいことになる」と言われ、これも特例として残すことを決めました。

多くの高齢者の皆さんが、素晴らしい施設の中で変わらず暮らしておられたことにほっとしました。ただ、他方でそれをケアする若い人たちの中で、放射線を気にして職場を変わる人も当然おられるので、そこのバランスが難しいなと感じました。
6a012875742179970c0153923e932297_2
いずれにしても、様々な問題があります。1つひとつ解決していくしかありません。

第3次補正予算を早く国会に提出し成立させることが、まず、我々政治家がやらなければいけない、与党の政治家の使命であると改めて感じました。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP