ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > イノウエ議員-人前で泣いてはいけないという祖父の教え

トピックス

2011.06.04|TALK-ABOUT [ブログ]

イノウエ議員-人前で泣いてはいけないという祖父の教え


6月3日にアメリカ議会上院のダニエル・イノウエ議員と奥様のアイリーンさんと朝食をともにしながら、1時間ほどお話をしました。

普天間の米軍基地移設の話や、被災地に行かれたときの話など話題は非常に豊富でしたが、プライベートな話もいろいろする機会があり、大変興味深く思いました。

イノウエさんは、言うまでもなく米国議会の最長老であり重鎮です。副大統領、下院議長に次ぐ大統領継承順位第3位であり、大統領、副大統領、下院議長に何かあれば、アメリカ大統領に就任するという位置づけにあります。

まさしく、アメリカ議会の象徴的な人物であり、同時に、日系人として日本に対しても強い関心を持っておられる大事な存在です。

今日の話の中で、イノウエさんは「自分は、福岡県からやってきた祖父母の家系から生まれた日系人だが、祖父母からいろいろな教えを受けた。特に、人前で泣いてはいけないと強く教えられた」と言っておられました。

イノウエさんは、日系人の軍人として非常に功績を上げられ、そこからスタートしたのですが、右腕を失っています。当然、左腕が重要な役割を果たしていますが、「子どものときにその左腕が折れたが全く泣かず、学校の先生が驚いた。それは、人前で泣いてはいけないという祖父の教えであり、それを忠実に人生の中で守ってきた」と言っておられました。

奥さんのアイリーンさんも、日系人としていままで日米関係に携わってきた大変高名な方です。アイリーンさんとも会話が弾みましたが、選挙の話などをして、どのくらいイノウエさんがハワイへ帰られるのかといった話をしました。

私としては、イノウエさんほど長く議員をやるつもりはありませんが、非常に選挙に強いイノウエさんから学ぶこともいろいろあるのではないかと思って、お話をさせていただきました。

いずれにしても、日米間の政治家同士の関係が弱くなっていることは否めません。できれば訪米をして、日米の議員交流についても、しっかりと道筋をつけたいと思っています。

ただ、いまの国会の状況を見ていますと、なかなか当面はそういう時間はないなというのが現実です。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP