ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 新党結成へ─政権交代ある政治の実現にもう一度チャレンジする

トピックス

2016.02.24|TALK-ABOUT [ブログ]

新党結成へ─政権交代ある政治の実現にもう一度チャレンジする


民主党と維新の党との合流について、松野代表と私との間で一定の合意に達しました。

第1に、3月中に新党を結成するというものです。

第2に、共通の政策、党の綱領、あるいは党名などを検討するために、代表・幹事長からなる新党協議会を設置し、そのもとにチームを作って検討を進めるというものです。

以上の方針について、党の常任幹事会にも諮り、承認されました。また、今後そういった方針のもとで、さらに議論を進めるということについて、私に一任するということも決定されました。


維新の党の党内意見集約を待って、両党間でしっかりと確認をし、相当たくさんやるべきことがありますが、しっかりと進めていきたいと思います。

安倍政権については、様々な疑問があるが、しかし、それに代わる受け皿が見えないというご意見を、多くの国民の皆さんがお持ちだと思います。

この民主党と維新の党が一緒になった新党のもとで、そういった自民党に代わり政権を担う存在として、国民のみなさんにご期待いただき、支持いただけるように、しっかりと努力していきたいと思います。

政権交代ある政治、それが私の変わらぬ主張で、もう一度、新党のもとでチャレンジしていきたいと思っています。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP