ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 鳥インフルエンザ-自治体と国が協力し、しっかりと対応を

トピックス

2011.02.04|TALK-ABOUT [ブログ]

鳥インフルエンザ-自治体と国が協力し、しっかりと対応を

6a012875742179970c0148c84eedfd97_2


高病原性鳥インフルエンザの問題が、全国的に広がっています。党としても、「高病原性鳥インフルエンザ対策本部」を作り、幹事長である私が本部長になって、対応を議論し、動いているところです。

先般(1月30日)、愛知県の豊橋市に行ってきました。豊橋市が導入を先駆的に進めてきた密閉式の施設であり、外から野鳥などが入ることが出来ない仕組みであるにもかかわらず、その密閉式の施設の中で鳥インフルエンザが発生したという大変残念な事件です。

どこから、その鳥インフルエンザが入ってきたのかを、しっかりと精査する必要があると思います。

鳥インフルエンザが発生した施設から半径10キロメートルのところは、出荷制限がかかります。問題がないことがはっきりするまでは、出荷出来なくなりますので、周りの生産者の皆さんも大変心配されています。

豊橋市は、2年前にも同じようにウズラで鳥インフルエンザが発生しました。今回は、ニワトリということで大変深刻な状況です。

発生源をしっかり特定すること、再発防止、そして、今回影響を受けた皆さんに対する補償などについて、愛知県と国が協力して対応していかなければならないと、改めて感じた次第です。

※高病原性鳥インフルエンザ対策本部による愛知視察の詳細はこちら
→ http://www.dpj.or.jp/news/?num=19682

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP