ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 名古屋市長選-例外中の例外も、石田議員の熱意にほだされ

トピックス

2010.12.28|TALK-ABOUT [ブログ]

名古屋市長選-例外中の例外も、石田議員の熱意にほだされ


先の常任幹事会(12月21日)で、名古屋市長選挙に我が党から、現職の石田芳弘衆議院議員を候補者として推薦することを決めました。

石田さんは犬山市長を長く務められ、非常にセンスのある素晴らしい政治家です。私も、個人的にも非常に親しくさせていただきたいと期待していました。

しかし、「今回の市長選挙について、河村現市長のやってこられたことや言ってこられたことに対して、どうしても自分としては異論がある。この大事な選挙をしっかり戦って、名古屋の市長として名古屋市のために頑張りたい」という石田さんのご意向が非常に強く、民主党の愛知県連もそれを全面的に後押しするとのことですから、私としては、いろいろな事情があるなかで、それを例外中の例外として認めました。

「例外中の例外」という意味は、石田さんは現職の衆議院議員であり、憲法の「3分の2条項」、つまり、法案が衆議院で可決し、参議院で否決されたときに、もう1回衆議院に戻して3分の2の賛成があれば、再可決できるというこの「3分の2条項」を使おうとすれば、いま、民主党と国民新党、友党である社民党を含めた数がギリギリです。

そういう意味で、非常に厳しい選択でしたが、石田さんの情熱と、党としても愛知の知事選挙と名古屋の市長選挙はしっかりと戦い抜いていかなければならないという状況の中で、石田さんの熱意にほだされて、例外中の例外の決断を行いました。

本来、先ほど言いましたように、衆議院の数も「3分の2条項」を考えるとギリギリですし、参議院はもちろん過半数に行っていませんので、衆議院や参議院の方が、他の選挙に出るなどして議席を減らすことは、幹事長として基本的には認めないという姿勢を貫いていきたいと思っています。

いずれにしても、石田さんの健闘をしっかりと支援していきたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP