ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 代表選挙―菅総理に国民的基盤、気を引き締めて頑張る

トピックス

2010.09.14|TALK-ABOUT [ブログ]

代表選挙―菅総理に国民的基盤、気を引き締めて頑張る


先ほど、民主党の代表選挙が終了し、菅さんの勝利となりました。

選挙結果については、予想外の大差がついたと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、地方議員票は6対4。そして党員・サポーター票も票の総数から言うと6対4。

しかし、衆議院の小選挙区ごとに勝敗をつけていくため、比例票で言えば、菅さん6、小沢さん4だったのですが、そういった小選挙区の考え方を入れたことによって、予想外に差がつきました。

議員票は、菅さんがわずかに上回りました。

これをどう見るかというのは、いろいろな見方があると思いますが、だいたい私が予想した結果だと思います。

「議員票についてはもう少し差が縮まるかな。あるいは、小沢さんが上回るかな」と思っていましたが、だいたい予想の範囲内でした。

大事なことは「これから」です。全員野球で、国民の皆さんの期待にしっかりと応えていく。国民の皆さんに「もっと頑張れ」と言っていただいたと思います。

菅さんは、まだ総理になって間もなく、本領を発揮されていないと思いますので、これから体制をしっかりと組んで、人事をやり、頑張ってもらいたいと思います。

代表選挙をやることについてはいろいろな議論がありましたが、私は、やはりやって良かったと思います。菅さんと小沢さんが議論をしたことで、いろいろな問題について、議論が深まったと思います。

もう1つは何よりも、広く党員・サポーターを含めて選ばれた代表ですので、国会議員だけで選んだ数か月前の菅総理ではなくて、国民的な基盤を持った菅総理になったので、それだけ強さや求心力が出てくることを期待しています。

いずれにしても、こういった結果が出たので、今後またごたごたするということでは、国民の皆さんから民主党そのものにレッドカードをいただく、つまり、突き放されることになると思います。

気を引き締めて、1人ひとりが頑張っていかなければならないということです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP