ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 日韓併合100年―謝るべきは謝り、未来志向の日韓関係を

トピックス

2010.08.10|TALK-ABOUT [ブログ]

日韓併合100年―謝るべきは謝り、未来志向の日韓関係を

6a012875742179970c013486190c8797_2


今日8月10日の閣議において、日韓併合100年を1つのきっかけとして、日本政府としての内閣総理大臣談話を閣議決定しました。

この談話は、賛否両論いろいろあることは承知していますが、実は、鳩山総理時代からこういうものを出そうという方向性を持って、総理と議論を行ってきたものです。そして、鳩山総理が菅総理に代わられても、その志を持続し、菅総理もしっかりとリーダーシップを取って、仙谷官房長官ともよくご相談しながら、談話を発出することにしたものです。


いろいろな議論があります。謝ってばかりではないかという議論もあると思います。

しかし、日韓併合100年という大きな区切りの年です。そして、私はよく申し上げるのですが、やはりいろいろなことがあったときに、被害を与えたほうは忘れがちだが、受けたほうは容易には忘れられない。

日本にとって、100年前の出来事は遠いことかもしれませんが、植民地にされ、国を奪われ、そして、文化を奪われた韓国の皆さんから見れば、これは忘れがたいことで、そういうときに、実際に併合した日本が何も言わず黙っていることは、私は、あり得ないことだと思っています。

そして、私が韓国に行ったときに申し上げたことですが、私は日本人としての誇りを持っている。だからこそ、同時に、我々が同じ目に遭ったときにどう感じるかということについて、きちんと思いを致すべきだと思います。

併合された側である韓国の皆さんの痛みを十分に理解し、謝るべきことはしっかりと謝る。しかし、同時に未来志向で、これから両国で本当の信頼関係を築き上げ、このアジアの時代を日本と韓国が手を携えてしっかりとリードしていくという考え方で、この談話ができていると私は考えています。

謝るべきはしっかり謝り、そして、未来志向でこれからの100年の日韓関係を新たに作り上げていく決意の表れでもあります。

ぜひ、しっかりと手を携えて、これから日韓関係を作っていきたいと思います。

※ブログの動画版はこちら

※内閣総理大臣談話は、下記ウェブサイトからご覧いただけます。

http://www.katsuya.net/upload/pdf/souri_danwa100810.pdf



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP