ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 来週いよいよ解散・総選挙へ-衆院本会議、立つ

トピックス

2009.07.17|TALK-ABOUT [ブログ]

来週いよいよ解散・総選挙へ-衆院本会議、立つ

今週は解散・総選挙、そして、それにまつわる自民党の中の様々な混乱にメディアも注目して、そういう報道一色になった感があります。

実は今日も、火曜日(7月21日)の本会議をきちんと立てるのかどうか、つまり、本会議を火曜日に開くということを決めるとしたら今日決めなければいけないわけですが、それがかなりもめたということがあります。

もめたのは別に野党間でもめたのではなくて、当然麻生総理は火曜日に本会議を立てて、そこで解散・総選挙と考えておられるわけですが、いやそれは許さじと本会議を立てないようにすれば、解散も先延ばしができるのではないかということで、自民党の中もかなり抵抗があったと聞いています。

しかし、さすがに総理が本会議を開くと言っている。それに対して、国会の中の自民党の組織が反対をするということはあり得ないわけですから、そういう意味で最終的にセットされたということであります。

これで、ほぼ間違いなく火曜日に解散が行われることになりました。我々としては、解散に備えて政策・マニフェストをはじめとする様々な準備はしてきたところで、解散を我々は非常に歓迎しています。

そして、麻生さんの手で解散というのは、当然これだけ総理が替わってきたわけですから、いまさらまた表紙を替えて解散するというのは、あまりにも国民に対して不誠実である。麻生さんでの解散というのは当然のことだし、ある意味で、我々がそうなるように様々努力を重ねてきた結果でもあるわけで、現在までのところ、総選挙に向かっての様々な戦略・戦術は、私たちが描いたとおりの形にほぼなっていると思います。

ただ、実際の投票日は8月30日ということになるわけですから、かなりまだ時間があります。したがって、私は、党内の一部にある楽観論、これは強く戒めなければいけないと思っています。

45日間時間があれば、様々風向きも変わります。2005年の総選挙も実はあの直前にも都議会選挙があって、民主党は議席を大きく増やしたわけですが、しかし、それから2カ月足らずであった総選挙では、東京では菅さん1人が選挙区で勝った。あとは全部負けてしまったという大変な結果になったわけです。

そういう意味で、ここはしっかりと都議選の結果におごるとなく、国民の皆さんの声に真摯に耳を傾け、1人ひとりの候補者がとにかくしっかりと汗をかき、頑張って訴えていくことが求められていると思っています。

私も、昨日から始まっていますが、全国をしっかり回って、1人でも多くの仲間を当選させることができるように応援していきたいと思っています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP