ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 「少年メリケンサック」――宮崎あおいさんの豊かな才能

トピックス

2009.02.25|TALK-ABOUT [ブログ]

「少年メリケンサック」――宮崎あおいさんの豊かな才能

先日のアカデミー賞で、日本の映画「おくりびと」(外国語映画賞)、そして「つみきのいえ」(短編アニメーション賞)が受賞したことは、非常に喜ばしいことだと思います。残念ながら、私は「おくりびと」はまだ観ていませんが、是非機会を得て観に行きたいと思っております。

映画といえば、私はいまま映画を観る機会が結構多く、特に移動中にDVDで映画を観るのが私の趣味でもありました。ただ、ここ1~2年、揺れる電車の中でDVDを観続けることは、かなり目に負担になるということがわかりまして、最近は移動中にDVDを観るのを控えるようにしています。テープを聴くというのが、それに代わる私の車中での過ごし方です。

したがって、劇場で観るしかあまり観る機会がないわけですが、これがまたなかなか難しい。つまり、どうしても観たい映画があって時間を取ろうとするのですが、何か別の用事が入ったりして、気が付いたらその映画が終わっていたということがあります。

最近も「レッドクリフ」は是非観たい映画だと思っていましたが、観る機会がないままになってしまいそうですし、そのほかにも、チェ・ゲバラの生涯(「チェ/28歳の革命」、「チェ/39歳 別れの手紙」)とか、結局観られなかったなという感じがします。

そういう中で、つい最近、ちょっと変わった映画を観に行きました。これは「少年メリケンサック」という日本の映画です。主演が宮崎あおいさん。

実は、国会議員も入った「映画を観て語る会」というのがあって、そこでは皆が映画を観て、その内容について語り合います。私もこの「語る会」に時々顔を出すのですが、今月のテーマになっていた映画が、この「少年メリケンサック」だったということで、先日観に行ったわけです。

中身を言うのは、これからまだご覧になる方もいらっしゃると思いますので、ちょっと控えたいと思いますが、割と楽しく観ることが出来ました。

そしてその中で、やはり宮崎あおいさんの好演が光っていたと、非常に力量のある俳優だということが理解できたのが発見でした。一方で篤姫を演じながら、こういう映画を撮影していたわけですから、彼女の豊かな才能を改めて感じさせられ、これから楽しみだなと思いました。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP