ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > タイ首相との会談――日本の民主党も是非政権交代を

トピックス

2009.02.12|TALK-ABOUT [ブログ]

タイ首相との会談――日本の民主党も是非政権交代を

ap1
先日タイのアピシット首相が訪日され、お会いする機会がありました。アピシットさんとは、前回のアジア金融危機の直後に(1998年)、私が民主党の調査団としてタイを訪問した際に初めてお会いしました。

もう、いまから10年前ということになりますが、当時まだ30代で、首相府の閣僚、いわば官房長官あるいはスポークスマン的な役割を果たしておられました。大変若い、そして好感の持てる政治家でした。

その後、私が民主党代表となったときに、ASEAN各国を訪問するなかで、タイでお会いしました(2004年)。そのときには、タイ民主党の副党首、野党第一党の副党首という立場でした。

今回、その民主党を中心とした政権ができて、首相として日本を訪問されたわけです。就任して1カ月少々という忙しいなか、外国訪問国として、近隣国であるラオスに次いで、あえて日本を選んで来られました。日本に対するアピシット首相の思いが伝わってきます。

久しぶりにお会いして私がお話ししたことは、「いま大変な経済・金融危機で日本も苦しんでいる。そういう中にあって、前回の金融危機の際に欧米資本はどんどんタイから引き上げたが、日本の企業は、例えば現地に進出している工場などもタイから撤退することなく留まって頑張った。今回も非常に厳しいが、日本の企業は努力すると思う」ということを申し上げました。

アピシット首相も危機感は当然持っておられるわけで、輸出比率が17~18%の日本ですら、アメリカ資本の縮小に伴ってこれだけ大きな影響を受けている。タイのように輸出比率がGDPの6~7割というような国であれば、その影響はさらに格段に深刻になることが予想されます。そういう中で、是非日本にもしっかりと支援をしてもらいたいという思いが伝わってきました。

タイは非常に親日的な国で、日本の皇室とタイの王室には長い交流があります。是非大事にしたいものだと思います。

若いアピシットさんが、選挙ではありませんが前政権の崩壊を受けて与野党逆転し、首相になられました。是非日本の民主党もそれにあやかって早く政権交代したい、是非次の選挙で政権交代したい――。改めてそう思いました。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP