ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 地方回り――年内は完了、来年は地域の実情にも触れたい

トピックス

2008.12.24|TALK-ABOUT [ブログ]

地方回り――年内は完了、来年は地域の実情にも触れたい

昨日、鹿児島で3つの選挙区を回り、これで年内の地方回り完了しました。

昨日も朝羽田を発って鹿児島に行き、3つの選挙区を駆け足で回りました。最終的には1泊して朝ゆっくりと、昼の国会に間に合うように東京に戻るつもりでしたが、常任幹事会が午前中に入りましたので、やむを得ず鹿児島-羽田便は間に合わないということで、12時ぐらいまでかかって新幹線とJR特急を乗り継いで、鹿児島から福岡に行って、そして朝7時10分の飛行機で福岡から戻ってきました。

かなり強行な日程で、それなりに疲れたところです。実は時差ボケもまだ取れていないところですから、昼と夜がごちゃごちゃになっているという感じが致します。

地方をかなり回ってきて、いま私が申し上げていることは、解散・総選挙は遠のいたとしても春までだと、1月解散も小沢代表が言われるように十分にあり得る、だからここでリードしている人は横に置くとして、まだ追いかけている、チャレンジしている、そういう候補者は絶対に力を抜いてはならない、そこで一挙に離されて、もう取り返し不可能になってしまう、しっかりと活動を続けてもらいたい、支持者の皆さんにも気を抜かないで頑張っていただきたいということを、繰り返し申し上げています。

全体の風の吹き方、いまの麻生内閣に対して厳しいですから、民主党に対しては追い風と感じています。そして、多くの人が、政権交代が起きるのではないかと言われますけれども、この世界一体何が起こるかわかりませんし、簡単に政権を渡すということは考えがたいことですので、しっかりと気を引き締めて、私自身も引き締めて、やっていかなければいけないと思います。

来年は予算委員会の筆頭を退くことになりましたので、しっかりとまた地方を回っていきたいと考えています。ただ、例えば鹿児島に行っても、桜島を近くに見ることはあっても、結局どこも行っていない。ただ街頭演説か、ハコ(建物)の中で演説をしているだけという感じはします。もちろん、人々との触れ合いはありますが、もう少しそれぞれの地域の実情を知るために、時間を割いてもいいのかなとも思います。

来年はそういったことも心がけて、単に駆け足でバタバタと回るだけではない、そういう地方回りをやってみたいなと思います。

しかし、最後にJRの駅でしっかり軽羹(かるかん)を買いまして、少し鹿児島の匂いをかみ締めているところです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP