ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 北京オリンピックの開幕、日本人選手の活躍

トピックス

2008.08.14|TALK-ABOUT [ブログ]

北京オリンピックの開幕、日本人選手の活躍


大変暑い日が続いています。そういう中でオリンピックが開催されました。

その開会式については、いろんな評価があると思います。花火の問題ですとか、あるいは、かわいい女の子が口パクだったとか、日本ではちょっと考えられないようなことが起きています。

国威発揚ということも大事ですけれども、ちょっといかがなものかなという感じがしないではありません。


しかし、開会式そのものは大変素晴らしいものだったとも思います。オリンピックをきっかけに日本は非常に経済成長の波に乗りました。オリンピックを1つの節目にしたいという中国国民の気持ちというのは十分に感じることができたのではないかなと思います。

そういう中で、日本の選手も大変活躍をしていて、嬉しい限りです。水泳の北島選手などは地元企業のスイムウェアを着ていただけなかったのは残念だったのですけれども、優勝、金メダルという大きな結果を得ることができました。

アテネオリンピックに引き続いて金メダルというのは、その間のプレッシャーなど様々なことを考えると、本当に強靭な精神の持ち主でなければできないことで、本当に素晴らしいことだと心から拍手を送りたいと思います。

さて、三重県出身者としては、バドミントンのオグシオこと小椋さんのペアが敗れたということ。そして、何よりも大きなショックは、マラソンの野口みずきさんが出場できなくなったことです。極限までトレーニングをされた、その結果が悪いほうに出たということです。

地元の三重県の私としては、是非ここは身体を大事にして、再起を期してもらいたいと、心からそう願わずにはいられません。

そして、同じ三重県出身の女子レスリングの吉田沙保里さんに頑張ってもらいたいと、そういうふうにエールを送りたいと思います。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP