ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 初盆参り――まだ政権交代すらできず、本当に申し訳ない

トピックス

2008.08.08|TALK-ABOUT [ブログ]

初盆参り――まだ政権交代すらできず、本当に申し訳ない


初盆の季節を迎えています。

この時期、私も50~60軒、初盆参りをさせていただいています。というのは、大変お世話になった方ご自身、あるいは親族の皆さんがお亡くなりになったときに、葬儀に出られるということはまずありません。


すでに地元でタイトな日程を組んでいたり、あるいは、東京にいることが多いわけですから、出られることは非常に少ない。お通夜に出られる場合には、夜遅くお伺いしていますが、これにも限りがあります。

したがって、この時期に初盆のお参りということで、回らせていただいているわけです。

今回回らせていただいたなかで、様々お世話になった方々がお亡くなりになっているわけですが、一緒に20年前に初出馬を決めたときに、その地域を1軒1軒一緒に付いて回っていただいた方。当時は60代だった方が、いまや80をお過ぎになって、次々にお亡くなりになっている。そういうケースがあります。私の中学校2年、3年の担任だった佐藤先生もお亡くなりになりまして、そのお参りにも行って参りました。

一番心を打たれるというか、お気の毒なケースは、やはり、子どもさんを亡くされた老夫婦、子どもさんに先立たれたケースです。これは本当にお話を聞いていても辛くて、何ともお悔やみの言葉を申し上げようがないわけです。

しかし、人生本当にいろいろなことが起き、いろんな人生があるんだなということを、改めて感じさせられるこの季節です。

いずれにしましても、いま公職選挙法で許されているのは、ただお伺いして手を合わせるだけで、線香1本持っては行けないわけですが、しかし、本当にお世話になりながら、まだ政権交代すらできていない。

政権交代することを信じて、一生懸命私を応援していただいた方々。その政権交代を見届けないまま旅立たれた皆様に対して、本当に申し訳ないと思いますし、そして、近い将来必ず政権を代えてこの国の政治をもっと良くする。そのために頑張らなければならないと改めて感じているところです。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP