ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 政権交代には何が必要か、多くの議員が自覚して行動した

トピックス

2007.11.09|TALK-ABOUT [ブログ]

政権交代には何が必要か、多くの議員が自覚して行動した


今日の先ほどの本会議で、国会の会期延長が12月15日までということで、大幅な会期延長が決まりました。

いま様々な法案がまだ成立していない、その最大の理由は安倍総理の退陣に伴う自民党の混乱ですが、そういう中で、テロ新法もまだメドが立っていないということもあり、延長が決まりました。

私たちは延長に対して反対をしましたが、多数決で決まったということです。


さて、2つのことをお話ししたいと思います。

1つは前回もお話しました小沢代表の大連立、そして辞任宣言の問題ですが、先般、小沢代表が両院議員懇談会において経緯を説明し、国民に謝罪し、そして、選挙における政権交代を目指して自分が先頭を切って死に物狂いで頑張るということを言われ、圧倒的多数の議員が心から小沢代表の決意に対して拍手をして終わりました。私も小沢代表の演説は非常に良い演説だったと思っています。

いろいろなことが言われていますが、私は1つあまり語られていないことを申し上げたいと思います。

それは、先ほど私と長い付き合いのある記者がこう言いました。

「かつての民主党だったら、いろいろな意見があちこちから噴出して収集がつかなくなったかもしれない。しかし、今回はそういった異論噴出という事態もなく、きちんと最終的に収まるところに収まった。まとまった。これはちょっと驚きですね」と言われました。

実は、私もそのことを非常に強く感じています。多くの党所属議員に対して、テレビ局などから出演依頼もありましたが、それも最小限に絞り込んで、なるべくいろいろな意見が勝手に外に出ないようにする、皆が自制して、何とか小沢さんに代表を続投していただける環境を作っていこうということが今回出来たことは、私は素晴らしいことだと思います。

数年前の民主党では考えられないことで、政権交代するためにお互い何が必要であるか、そのことをきちんと自覚して、そして行動できる、そういう議員が圧倒的に多くなったということが、今回の一連の事件の中ではっきりしたことではないかと思います。

この、ある意味での強さが、民主党にとって、政権交代に向けて非常に大きな成果だったのではないかと思います。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP