ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 赤福問題――三重県人として、愛好者として、極めて残念

トピックス

2007.10.24|TALK-ABOUT [ブログ]

赤福問題――三重県人として、愛好者として、極めて残念


そういう中で、最近座談会でも時々出てくるのが、地元の伊勢市、ここは選挙区ではないのですが、伊勢市の名門企業である「赤福」の問題です。

赤福という企業は大変立派な企業で、例えば、伊勢市の伊勢神宮の御陰横丁という、いわば江戸時代のテーマパークのような、土産物屋が軒を並べた施設があるのですが、これも赤福さんが主導権を取ってお作りになったもので、地元の活性化に大変力を尽くして来られた企業です。


その赤福が、最近目を覆わんばかりに次から次へと様々な問題が出てきています。三重県の人間として、そして、赤福餅の愛好者の1人として、極めて残念な思いです。

ただ、ここまで来ると、徹底的に情報開示をしてウミを出すということを隠すことなくやる、それがすべての再生のスタートだと思っています。

名門企業であるが故に、いろいろなしがらみも多かったのかもしれませんが、立派な企業がこういったことになって、あるいは様々な偽装工作などもやっていたという話ですから、とても残念ですし、早くすべてを明らかにして、そして、もう一度ゼロからやり直すつもりで立ち直っていただきたいと思っています。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP