ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > いよいよ予算委員会が始まる――私自身も10日に質問

トピックス

2007.10.05|TALK-ABOUT [ブログ]

いよいよ予算委員会が始まる――私自身も10日に質問


いよいよ国会も代表質問が終わり、来週からは予算委員会ということになりました。予算委員会の筆頭理事として、与党側と時間あるいは質問の順番などについての詰めの作業をしてきましたが、おおむねまとまりました。

火曜日(10月9日)から3日間、総理にすべて出ていただいて、総括的な審議を行うということになりました。是非いい議論をしたいと思っています。


3日間のうち、最初の2日間はテレビが入ります。この2日間、初日は1時間15分しかありませんが、ここは長妻さんに年金を中心にしっかりやってもらう。水曜日(10日)には菅さんにトップバッターに立っていただいて、その後は馬淵さん、前原さん、そして私と、それぞれ1時間10分から1時間半の時間で、総理はじめ閣僚と討論を行うということになりました。

3日目(11日)も我が党の予算委員の中で、大変強力なバッターを揃えて、木曜日についても頑張ろうと思っています。

なお、予算委員会はこれで終わりではなくて、集中審議をどこかでやるということも確認をしました。政治とカネや年金などいろいろな問題で、これからさらに新たな事実が出てきたり、議論が深まったりすると思いますので、予算委員会でも総理を呼んで、集中審議もしなければならないと思っています。

私自身は予算委員会で取り上げようと思っているテーマは、総括的な福田総理の基本姿勢、あるいは経済財政についての基本的な考え方、そういったことがひとまとまりです。

総理も代わり、安倍さんのときとはかなり変わってきました。どこがどう変わったのかということを、経済財政あるいは政治そのものについて明確にしたいと考えています。その上で、インド洋における自衛隊の活動の問題、これは我が党では鉢呂さんが中心となって、週に何回も関係省庁を呼んで、議論をしてきてきます。

話をすればするほど訳が分からなくなるというのが私の率直な感じです。最初はインド洋で展開している海上警備行動のようなものに油を補給しているということだったのですが、決してそれだけではないということが次第に明らかになってきました。

そういったことについて、まず事実を明確にするという視点で、しっかりと議論をしていきたいと思います。

そしてその上で、新法を作るにしろ、あるいはいまの法律を延長するにしろ、いまの活動をそのままダラダラ続けていくということはないということを明確に主張していきたいと思っています。

そして、もう1つ私が是非やりたいと思っているのが、地球温暖化の問題です。これは非常に重要な問題です。世界の政治の中では最も重要なテーマの1つだと思います。今年の、そして来年のサミットでも大きなテーマになることは間違いありません。

残念ながら代表質問ではあまり温暖化の問題は議論されませんでした。したがって、この問題をしっかり取り上げて、日本がリーダーシップを取れるように、そういう視点から議論をしていきたいと思っています。

いずれにしても、予算委員会は火曜日から始まりますが、いつものことながら準備に非常に時間をかけています。全体の予算委員会の日程が3週間ほどズレましたので、この週末は兵庫県と地元で予定はビッシリですが、その合間を縫って最後の質問の仕上げをしたいと考えています。

大分寒くなってきましたので、私もちょっと風邪気味ですけれども、皆さんもお体に気をつけていただきたいと思います。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP