ホーム > トピックス > 発言・報道

トピックス

発言・報道一覧

2002.04.04マスコミ
「多様な価値観を活かせる社会に」
モデレーター 参議院議員 山本一太 山本 「投票の結果、岡田克也君を内閣総理大臣に指名することに決定いたしました!」(拍手) 今週も「新世代・総理宣言」の時間がやってまいりました。この番組は与野党を問わず、超党派で30代 […]

詳細を見る

2002.04.04マスコミ
「多様な価値観を活かせる社会に」Q&A
モデレーター 参議院議員 山本一太 【山本】では、これから会場の皆さんとの質疑応答に移ります。 Q 民主党が政権をとったときに、自民党の政権とはどこが違うのか、岡田政調会長からご説明ください。 岡田 前提として、55年体 […]

詳細を見る

2001.10.24マスコミ
政治ホットライン「テロ対策法案の是非」
「国会承認」 国民理解のもとで自衛隊派遣を 「事前承認は譲れないところだ。ここで合意が得られなかったのだから決裂は仕方ない。自衛隊を戦争状態の近くまで出して支援するというのは、今までの安全保障政策の大転換を意味する。政府 […]

詳細を見る

2001.09.20マスコミ
改革の具体策をぶつけ合う"一対一の白兵戦"挑む
──いよいよ”国会・秋の陣”。民主党は「小泉改革」に対してどのような姿勢で臨むのか、改めてお聞かせください。 岡田 まず、中身のはっきりしない「小泉改革」にどう対するか、という以前に、構造改革その […]

詳細を見る

2001.04.30マスコミ
読書で政策の方向感覚養う
民主党の政調会長に昨年九月に就任し、党内の次世代を担うホープの一人と目されている。「政調会長として新しい政策テーマに取り組むときには、それに関係 する本を10冊から20冊ほど読んで方向感覚をつけてから臨む」という。蔵書は […]

詳細を見る

2001.03.24マスコミ
特集「政治群像2001」 -戦後世代の対米観
◎安保肩ぐるま世代の志位 ひるまず直言する岡田 進む意識変化 日本の政治、経済、文化に大きな影を落とす米国。体験というプリズムを通すと、 見る人によって全く違う「米国像」が浮かび上がる。「安保肩ぐるま世代」を自称する共産 […]

詳細を見る

2001.03.16マスコミ
中学教科書問題で民主・岡田克也氏に聞く
政調会長=写真=は十五日、「新しい歴史教科書をつくる会」主導による中学教科書問題をめぐり、朝日新聞のインタビューに応じた。検定中の教科書に政治介入すべきではないと直接の論評は避ける一方、「日本がしてきたこと、事実をきちん […]

詳細を見る


TOP