ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 三重県議選─まずまずの結果を残すことができた

トピックス

三重県議選─まずまずの結果を残すことができた

県議選が終わりました。三重県では、懸念された自民党の強さは必ずしも結果につながらず、私たちの仲間も健闘しました。

私の選挙区では、激戦だった桑名で小島智子さんが2位、三谷哲央さんが4位で当選しました。私も2人を相当応援したつもりですが、特に、三谷さんは辛うじての当選でした。仮に、自民党票が新人の山本佐知子さんと落選した山本勝さんでうまく分散すれば、結果がどうなったか分かりません。三谷さんのような実力や実績があったとしても、選挙は別ということを改めて感じました。

四日市は7人区で、公明党と共産党の現職が当選し、残る5議席を前回は私たちの仲間が3議席、自民党が2議席でした。今回は残念ながら、自民党系が3議席となり、参議院選挙に出馬予定の「よしの正英」さんの後任である藤田真信さんは及びませんでした。時間が足りなかったことが一因ですが、本当に残念でした。しかし、稲垣昭義さんが1位、田中智也さんが3位で上位当選しました。

三重郡は、私の応援する舘直人さんは圧勝しましたが、2議席独占を狙って擁立した牧野かほりさんは、700票差で勝利できませんでした。女性の県議を増やしたいとの思いから、最終日に選挙カーに同乗して、支持をお願いするなど、全力で応援しましたが、わずかに及びませんでした。しかし、この間の牧野さんの努力と成長は素晴らしいものがあり、次回もぜひ頑張ってもらいたいと思っています。

劣勢が伝えられた南勢でも、議席を守ることができた結果、選挙のあった38議席のうち、自民党が17、三重郡の舘さんを含む私たちの仲間が17、公明2、共産1、完全無所属1(桑名・倉本崇弘さん)という結果になりました。まずまずの結果にホッとしています。

しかし、全国で見ると、北海道知事選は残念な結果となりました。また、都市部では立憲民主党と国民民主党が対決するなど、あとでシコリを残すことがないか心配しています。参院選まであと3カ月半、1人区でどうやったら各党の総力を結集できるのか、よく考える必要があります。



コメント
  1. JUNちゃん より:

    みなさんよく頑張って頂きました、が立憲と国民が対立していては、自民党の思うツボ、国政の独裁だけはもう見たくありません。
    岡田さんなんとかしてください。

  2. テス より:

    ご苦労様でした。立憲民主を中心とする政権樹立に今後とも頑張って下さい。期待しています。

  3. tocchin-san より:

    岡田議員の選挙区の結果は、まずまずとのことで、良かったと思います。但し、野党の強い北海道であのような惨敗を喫するとは、夢にも思いませんでしたので、ショックを受けています。時間が足りなかったとの敗因説明ですが、もっと他の原因があったのではないかと推断します。特に無党派層の支持で負けていたことは、致命傷でしょう。参議院選挙に備え、一刻も早い足場固めをお願いします。

  4. 匿名 より:

     三重は健闘していたようですね。それはよかったと思います。ただ、お願いですから、野党共闘は壊さないでください。安倍自民党のやってることはめちゃくちゃ。もう今更詳細は語りません。共産党も含めた野党共闘は必須。マスコミや安倍自民党、維新、ネット右翼が野合だと言うならば、公明との連立、かつては自民党が社会党と連立したことはどう説明するのでしょうか。安倍氏も村山さんに入れています。以前、ニュース23で、あなたが言っていた通りです。また維新の谷畑さんは以前は自民党、その前は社会党にいました。そもそも維新は安倍官邸にべったり。多くの良識ある人は「野党政権」を望んでいます。そのことを忘れてはいけません。むしろ安倍自民党、マスコミに「共産党はー」というデマに惑わされないようにすべきです。今の共産党はマルクス経済を基本とはしていません。また自衛隊については、そもそも共産主義とは関係ない話です。軍隊を持っていない国が社会主義国家ならば、バチカン市国は社会主義国家なのでしょうか。長くなりましたが、共産党も含めた野党共闘は必須。

  5. かずちゃん より:

    全ての野党が結集して国政選挙に臨めるようご奮闘ください。バラバラ駄目です。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP