ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 北海道知事選─熱気あふれる石川候補

トピックス

北海道知事選─熱気あふれる石川候補

北海道知事選、石川ともひろ候補の応援に行ってきました。砂川市で27日18時30分から開催された街頭演説会に、石川候補や地元の神谷浩史衆院議員とともに参加しました。

私は、石川さんの熱意と行動力を高く評価しています。3年前に北海道に連続して台風が上陸、農作物などに甚大な被害を与えました。私は民進党代表として、石川さんとともに被災地を訪れましたが、その際、彼の地元に対する熱い思い、市町村長さんはじめ関係者からの彼に対する信頼を実感しました。それ以来、石川さんの政治家としての将来を期待してきました。

石川さんが強調しているのは、北海道のことはまず北海道の人々が自分たちで考え、取り組むべきだということです。中央政府の支援は必要だが、北海道を良くするためには、依存ではなく自立が必要だと強調しています。

また、原発ではなく、豊かな自然エネルギーの更なる活用、カジノではなく、食と自然を活かした観光の振興、地方の過疎化が進むなか、1次産業の振興や公共交通機関の維持など具体的な政策も明確です。

寒いなか行われた街頭演説会でしたが、多くの人々に集まっていただき、熱気あふれる石川さんの演説に大きな拍手が巻き起こりました。残された期間はわずかですが、これからもしっかりと訴えてもらいたいと思います。



コメント
  1. 伊貸 史吉 より:

    JR北海道の経営難、在来線の存続問題をもっと掘り起こして国、道は真剣に考えて欲しい。現知事、北海道選出国会議員の方々は余りにもこの問題に無関心すぎます。特に胆振管内の与野党の議員は何もしてくれません。日高線は護岸崩壊から何年経った事でしょう。新幹線の問題、今現在乗車率25%、赤字98億数年後には赤字在来線を上回るとも言われ始めました。私は一次産業です。新幹線の青函スピードアップにつきJR貨物の減便問題も大問題です。北海道に限らず日本全体の物流に多大な影響を与えると思います。トラック、船便に代替えと言われますが簡単な事ではない。JRのコンテナにくらべ輸送単価、ロット、輸送時間等倍掛かります。またドライバー不足そして運転時間の制限も有ります。これ以上コスト等が倍になれば我々も苦しくなりますがそれ以上に国民皆様が苦しくなるのでは?北海道は食料基地です自給率の事からも北から南へ南から北への貨物列車輸送は絶やしてはいけないです。石川候補はJR北海道の在来線は無くさないと言ってくれました。貨物輸送も同じく守って下さい。応援します。

  2. どさん子 より:

    相手候補のピンチをチャンスにのピンチは高橋知事が4回当選して作った物です。
    その知事が応援して、大丈夫?
    そんな方々は信用できません。
    石川さん負けぬよう頑張って下さい。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP